バナナの美容効果と驚きの“皮”活用法!

[更新]  /  [公開] 2015年8月8日

美容やダイエットに良く、手に入れやすいフルーツと言えばバナナ。

バナナにはビタミンやミネラルをはじめ、美肌に効果がある成分がたくさん含まれています。
更に注目してほしいのがバナナを食べた後に残る皮。残った皮はなんとスキンケアアイテムになるのです。

食べてもよし、スキンケアにも良しの、バナナのスゴイ美容効果を改めておさらいしておきましょう。

バナナの成分、効果

なぜバナナは美容に良いか知っていますか?
バナナを食べるとなぜキレイになれるのか、それはこんな成分のこんな働きに隠されていました。

ビタミンB群は美肌に必要不可欠な成分!

バナナにはビタミンB1、B2、B6、ナイアシン(ビタミンB3)などビタミンB群が多く含まれています。
ビタミンB群はタンパク質や糖質をエネルギーに変える際に必要な他、皮膚や髪の健康を維持する働きがあります。
美肌には欠かせない成分です。

βカロテンやポリフェノールが肌の老化を防止する!

金属や食べ物に起こる“酸化”という現象は、呼吸で酸素を取り入れることで体の中・肌にも起こります。
取り込んだ酸素が活性酸素に変わってしまうと、肌細胞を攻撃してコラーゲンの量が減り、シミやシワなどの老化に繋がります。
そこで、体の中のサビ、老化を防いでくれるのが抗酸化成分です。
バナナにはβカロテンやポリフェノールなど抗酸化成分が含まれているので、肌の老化を予防できるというわけです。

食物繊維&オリゴ糖が体の中から肌をキレイにしてくれる!

食物繊維とオリゴ糖は腸の働きを整える成分として知られていますよね。バナナにはこの2つが豊富に含まれているので、便秘解消の効果が期待できます。

バナナを食べて便秘を解消することで、ニキビや肌荒れなどのトラブルの改善につながります。

バナナ食べたら皮でマッサージしよう♪

バナナを食べた後に残る皮、そのままゴミ箱に捨ててしまうなんてとってももったいないです。

バナナの皮には保湿作用や殺菌作用があるので、マッサージすれば様々な美肌効果が期待できます。

バナナの皮を持ちやすい大きさにカットして、白い部分を肌に当ててくるくるとマッサージするだけ。

マッサージが終わったら10分程度おいて、水やぬるま湯で洗い流しましょう!

【バナナマッサージの美肌効果】

  • 古い角質を落とす
  • 毛穴開きや黒ずみ
  • 保湿
  • シワ、シミな
  • ニキビ予防、改善
    などなど

バナナの皮で歯を磨くと…歯が白くなる!

バナナの皮の利用法はもう1つ、なんと歯のホワイトニングです。

バナナのミネラル成分が歯の汚れを落として、ビタミンDが歯を強くしてくれます。
マッサージをしたのと同様に、バナナの白い部分で歯をこするだけ。

バナナの皮で歯を磨いたら、その後は10分ほど放置してからうがいといつも通りの歯みがきをします。

いかがでしたか?

食べるだけじゃなく、皮まで美容に使えるなんてバナナって本当に優秀な食材ですよね!
まだ毎日のバナナ習慣を始めていないひと、明日から始めてみてはいかがでしょうか?

[ 健康食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング