ダイエッターなら必須の知識!痩せやすいオメガ3とオメガ6の違いとは?

ダイエットに効果的と注目されているオメガ3。

油分はダイエットの敵と思われていましたが、健康的な美をサポートする油分も存在するのです。

では、なじみのあるオメガ6はダイエットには良くないのでしょうか?

ダイエット中の食事に気をつけるのなら、ぜひ知っておきたい二つの油分。
同じ油なのに性質の異なるオメガ6とオメガ3、その違いについてまとめてみました。

オメガ6を摂取すると太る?

オメガ6は主にサラダ油やマヨネーズに含まれています。他には植物油であるゴマ油やコーン油、べにばな油にも含まれます。

オメガ6に含まれるリノール酸には悪玉コレステロールを減らす効果があり、γ(ガンマ)リノレン酸には善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を低下させる働きもあります。

太るイメージのある油ですが、オメガ6を摂取しているから太るということはありません。
他には月経前症候群を改善させるなど、女性にとっては嬉しい特徴もあります。

適度に摂取すれば体に良い効果をもたらすオメガ6ですが、過剰摂取すると体に悪い作用を起こします。

体に疲労感をもたらし、アレルギーなどの炎症を起こす恐れがあります。

オメガ3のダイエット効果

オメガ3はクルミや鮭、いわしなどの青魚に含まれる油分です。

他にはくるみやアーモンド、亜麻仁油やしそ油。少量ですがアボガドや海藻などにも含まれています。

体に脂肪を蓄える飽和脂肪酸とは反対の、不飽和脂肪酸であるオメガ3は代謝を上げ、脂肪の蓄積を防ぐ働きをします。

体内で固まった脂肪を溶かし、体外へ排出させる作用もあります。
他にもシワやたるみ予防効果もあり、若さとダイエットを求める人には必須の油と言えそうです。

痩せたいのならバランスに注目

オメガ6もオメガ3同様に、体内で作り出すことのできない成分なため、食事によって摂取する必要があります。

注意すべきなのはバランスです。

オメガ3:オメガ6の理想的なバランスは1:4。
ですが現代人の食事はオメガ6に偏りがちになり、オメガ3が不足する傾向にあります。
少しだけオメガ3を摂取するとバランスがとれ、ダイエットにも良い影響を与えます。

オメガ3は熱に弱いという弱点があります。

そのため、亜麻仁油やしそ油なら加熱せずにサラダに加えたり、ティースプーンにすくってそのまま摂取するといいでしょう。

くるみなら手の平1杯半が適量です。

体に必要オメガ6とオメガ3。注目されるオメガ3だけを摂取しても健康的に痩せることはできません。

バランスよく摂取できるよう注意し、ダイエットに役立ててみてください。

[ ダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング