ベタベタ頭皮は印象ダウン↓間違ったケアが原因かも?

photo credit: Pretty Girl via photopin (license)

毎日キチンとシャンプーしているのに、頭がかゆい。
そんな時はありませんか?

かゆみだけでも不快なのに、フケやベタベタ感が目立っていないか気になってしまうことも。
頭皮が不潔に見えると、印象ダウンは否めません。

特に女性の頭皮は背の高い男性からは目につきやすいため、清潔さを保つ方法を覚えておきたいものです。

洗い方が悪いとフケがでる。

頭皮ケアの基本はシャンプー。

洗髪前にはしっかりとブラッシングを行い、熱いお湯で地肌をさっぱりと洗い上げ、たっぷりのシャンプーでゴシゴシと洗ってはいませんか?

目に見えない頭皮は意外にも薄く、少しの刺激で炎症を起こしやすくなっています。

シャンプーは大量に使用すると、洗い残しによって髪に付着してしまいます。
洗い残しから雑菌を繁殖させ、頭皮を痛めてしまう恐れもあります。

強いブラッシングも熱いお湯も地肌には負荷がかかるもの。頭皮は優しく扱いましょう。
シャンプーは優しくしているつもりでも、思っている以上に力が入ってしまうものです。

また、爪の長い人は頭皮を無意識に傷つけているのかもしれません。

乾かし方が悪いとベタベタ頭皮になる

髪を乾かすのに時間がかかる女性も多いのではないでしょうか?

半乾きの洗濯物が雑菌によって匂うように、髪も水分が残ったままでは雑菌が繁殖してしまいます。

乾かしたつもりでも、一番雑菌が繁殖しやすい地肌に限って水分が残ってしまい、不清潔な頭皮を作り出してしまうことも珍しくありません。

逆に、乾かし過ぎて髪の水分を奪ってしまってもよくありません。
頭皮が乾燥してしまい、潤いを補給するために過剰な皮脂を分泌してしまいます。

清潔な頭皮を保つケアとは?

美容院でのシャンプーを思い出してみてください。
指にほとんど力が入らず、非常に優しい力加減で洗髪を行っています。

あの感触を思い出し、力が入り過ぎないように注意しましょう。
爪の長い人は、洗髪用のブラシを使用するのもおすすめです。

  • シャンプーは充分に泡立て、すすぎはしつこいぐらいに行ってください。
  • 髪を乾かす時はタオルで水分をとり、ドライヤーで地肌から乾かしましょう。
  • 指を髪の中にかき入れ、風が当たるように指を動かしながら乾かしてみてください。

ケアが少し間違っているだけで、頭皮はかゆみやベタベタ感を引き起こしてしまいます。
ですが、ケアを少し見直すだけで清潔な頭皮を守ることができます。

自分のケアを見直し、間違いを正してキレイな頭皮を手に入れてください。

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング