汗が臭くなる食べ物を知って体臭を軽減しよう!

photo credit: garlic via photopin (license)
photo credit: garlic via photopin (license)

汗を掻く夏のこの時期は、自分の体臭が回りに届いていないか心配になる事ってありますよね!

特に、満員電車に汗だくで乗り込んでしまった時は、居心地も最悪な気分になってしまうのではないでしょうか?

でも、汗を掻いても、臭い汗でなければ、匂いで感じるヒヤヒヤも抑えられるはず。
今回は、汗が臭くなる食べ物を知り、体臭を軽減しよう!を届けします。

体臭がきつくなる食べ物ベスト5

ニンニク、ネギ、キムチなど匂いが強い物

キムチを良く食べる韓国の人は、汗を掻くと体からキムチの匂いがするといいますよね。
匂いが強い食べ物を食べると血中にその成分が流れているわけなので、汗の匂いも変化してしまうのだとか。

スパイスや香辛料

夏場に辛いものを食べる女性も多いですが、香辛料も体臭の原因になります。
特にインドカレーなどの本格的なカレーはかなり口臭も出てしまいます。
沢山の人と合う機会があるようならその前に食べるのは避けた方が良いでしょう。

カフェイン

カフェインには、胃を荒らしてしまったり、抗酸化力を低下させてしまうなどマイナス面もあります。
カフェインの取りすぎは口の中のphを落としてしまい口臭も強くなるのです。
カフェインはコーラや、栄養ドリンク、チョコレートなどにも含まれていることもあり取りすぎると体臭がきつくなってしまう事も。

アルコール

アルコールは分解される時に、アセトアルデヒドや酢酸というニオイの強い物質変化してしまいます。
あせも掻きやすくなるために、匂いが回りまで届いてしまうのです。
アルコールの匂いは解りやすく、他の食べ物よりも強烈に匂いますので飲みすぎにはご注意を!

 トルメチルアミンを生成する食べ物

トルメチルアミンは、魚のようなにおいを体から発生させてしまう物質です。
卵、レバー、魚介類、魚の脂、豆類、大豆類、ピーナツなどに多く含まれているアミノ酸の一種。
ダイエットなどで魚ばかりを食べ続けたりすると匂いが強くなるようなので注意したほうが良さそう。

お肉の食べすぎ

お肉が腸などで分解される時に、硫化水素やアンモニアなどの悪臭成分が発生し、それが原因で体が臭くなってしまうのだそう。

外国人でお肉を食べる方の体臭がきついのは、これが原因らしいですよ!
少量なら問題ないのですが、毎日500グラムも600グラムもお肉を食べるというのは食べすぎ。
焼肉の食べ放題の後は注意が必要かも。


 

いかがでしたか?

体臭の原因になる食べ物って結構沢山あるんですね~。
ちょっとビックリです。

夏場は汗を掻きやすく、匂いも回りに解ってしまうこともあるので、体臭がきつくならない食生活を工夫していく事が大切です。

野菜や玄米、果物が体臭を軽減してくれる食べ物なので、合せて食べれば匂いも相殺されるかも?

香水や、デオトラントシートに頼らないでも過ごせる位の「臭くない女子」で夏を乗り切りたいですね!

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング