うるうる髪へ補修したい!トリートメントの効果を上げるコツ

photo credit: 340/365 Winter's Chill via photopin (license)
photo credit: 340/365 Winter’s Chill via photopin (license)

夏のこの時期!知らず知らずのうちに紫外線で髪の毛が焼けてしまい「パサパサ」「ボロボロ」になっている人も多いはず。

髪の毛を補修しようと思ったとき、まず考えるのはトリートメントですよね。

でも、トリートメントをしても中々効果が現れない人は、トリートメントの効果を上げる方法を試してみましょう!

きっと今よりもウルウルの髪の毛に変身できるはずですよ!

今回は、トリートメントの効果を上げるコツについてお話しします。

トリートメントを浸透させるには、洗髪が大切!

トリートメントをつけても中々効果が出ないと言われる方の多くは、しっかりとトリートメントが髪の毛の内部まで浸透していない場合が多いんです。

表面にだけトリートメントを塗りつけても、修復される前に濯がれて流れて落ちてしまいます。それじゃあ勿体無いですよね!

トリートメントを浸透させるためには、洗髪が命です。

洗髪をしっかりと丁寧に行う事でトリートメントの効果を倍以上に上げる事だってできちゃうんです。

  • まずはブラッシング。ブラッシングをすることで髪の毛に付いた小さなほこりを取ることができます。
  • 頭皮を洗浄。髪の毛に泡を立てるのではなく、頭皮を洗うようにすると自然に髪の毛全体が洗われていきます。
  • ぬるま湯でしっかりと濯ぐこと。成分が残っているとトリートメントが浸透しにくくなります。
  • 軽くタオルで水分を取ってからトリートメントをつける
  • トリートメント剤は、頭皮の方からではなく毛先からもみ込むようにつけていきましょう。
    あまり強い力で髪の毛をギュッギュッと掴んでしまうと切れ毛になってしまう恐れもあるので注意です。
  • リンスや、コンディショナーを使う時は、トリートメントを流し終えた後に使いましょう。
    キューティクルのダメージを修復し、髪の毛に入り込んだトリートメントの成分を逃がさないようにする働きがあるようです。

トリートメントを浸透させる裏ワザ

トリートメントをつけてから放置する人は多いはず。

でも、もっとトリートメントの成分を髪の毛に浸透させるために試されると良いと思う事がいくつかあります。

  1. トリートメントをつけた後、蒸しタオル(あるいは暑いお湯で濯いだタオル)を用意し頭に巻きつけ5~10分待ちましょう。
    この方法は、美容院でもトリートメントに力を入れているサロンは良くやっている方法です。
  2. サランラップを巻くのも1つの手。自分の頭皮の温度でサランラップと髪の毛の間をスチーム状態にさせるのがミソ。
  3. シャワーキャップを被る。蒸しタオルも、サランラップも少し面倒くさい人は100円ショップで売っているシャワーキャップを被るのも1つの方法です。
    液ダレもしないのでお風呂に入りながらのんびりと時間を過ごせるのも良いところ。

同じトリートメントをずっと使わないほうがいい?

気に入っているメーカーのトリートメントがあると、一年中ずっと同じものを買っているなんて人もいるでしょう。

でも、髪の毛の状態は、夏や、冬で違ってくるもの。

同じトリートメント剤を使っていてもなんだか効果が出ないなんて事もあるようです。

冬場使っていたトリートメントだと、しっとり感や、保湿が強すぎて頭皮がベタベタになってしまう事もあるみたい。

夏はしっとり系よりも、サラサラ系を選ぶといいとの事。

いかがでしたか?
夏でもサラサラと流れるような髪は、同性同士でも憧れますよね。

間違わないトリートメントケアを続ける事で、貴方もサラサラヘアに変わる事ができるようになります!

トリートメントは、毎日しない方が良いという方もいますが、サロンのお話では、傷ついている髪には毎日しても構わないとの回答。

頭皮の状態と相談しながら、ケアをしていきましょう。

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング