“収れん化粧水”の効果とは?夏のメイクのお悩みに!

photo credit: IMG_8631 via photopin (license)
photo credit: IMG_8631 via photopin (license)

汗や皮脂が多くなる夏は、メイク崩れに悩まされる方も増えてくるのではないでしょうか。

そんな夏の季節に取り入れてほしいスキンケアアイテムが「収れん化粧水」です!

収れん化粧水って何??

私たちがよく使っている化粧水は、保湿効果や肌を柔らかくするためのものです。
モイスチャーローションとか、エモリエントローションなどと呼ばれます。

それらとは少し違った、“収れん化粧水”というものがあります。

収れん化粧水にも水分補給の役割はありますが、その他に皮脂の分泌を抑制したり、肌を引き締めてキメを整えるという目的があります

普通の化粧水は洗顔の後すぐに使うのに対して、収れん化粧水は乳液・クリームなどで保湿した最後に仕上げとして使うことが多いです。

収れん化粧水の効果は?

収れん化粧水の大きな効果は以下の3つです。

  • 毛穴を引き締める
  • 肌のキメを整える
  • 皮脂分泌をコントロールする

メイクの前に使えば、メイクのノリが良くなって崩れにくくなる、というわけです。

敏感肌、乾燥肌の方は注意!

効果だけを聞くととっても万能に思える収れん化粧水ですが、肌に刺激を与えることがあるので注意が必要です。

収れん化粧水は皮脂の分泌を抑制するので、乾燥を悪化させてしまう可能性があります。
また、収れん化粧水はアルコールを使っているものが多く、刺激を感じやすい方もいます。

また、コットンでパッティングするという使い方が一般的ですので、この摩擦で肌を傷つけてしまうこともあるのです。

どうしても使ってみる場合はパッチテストをしたり、アルコールフリーのものを選ぶようにすると良いでしょう。

収れん化粧水はスキンケアの最後にコットンでつける!

洗顔、化粧水、乳液・クリームなどでいつものスキンケアをしたら、一番最後に収れん化粧水を使いましょう。

コットンにたっぷりとって、優しく丁寧にパッティングします。

皮脂や毛穴が気になる部分だけでOKですので、あまり顔全体につける必要はありません。

洗顔後に時間が経ってからメイクする場合は、メイク前に収れん化粧水でパッティングすればOKです。

ニキビ肌さんはアルコールフリーのものが効果的

収れん化粧水は皮脂分泌をコントロールするので、脂性肌でニキビにお悩みの方にも効果的です。

ただ、アルコールを使っているものは刺激が強いことがあるので、かえって悪化させてしまう恐れがあります。

アルコールフリーのもの、ビタミンC誘導体を含むものであれば肌に合うことが多いので、成分に注目してみましょう。

ニキビ対策で使う場合も、基本的にはスキンケアの最後でOKです。あるいは、その収れん化粧水の使い方に従って使いましょう。

収れん化粧水は場合によっては肌に刺激を与えてしまうことがあるので、毎回必ず使う必要はありません。

皮脂トラブルに悩んでいるときや、夏のメイク崩れの予防など、用途に合わせて取り入れてみてくださいね!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング