正しく使ってスッキリ毛穴!鼻の毛穴パックの使い方とは?

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

貼って剥がすだけで毛穴の角栓がツルっと取れる毛穴パックは本当に気持ちいいですよね!

でも、毛穴パックは「かえって毛穴が目立つ」とか、「肌に負担がかかるから使わない方がいい」などと言われることもよくあります。

毛穴詰まりを解消するのにとっても便利な毛穴パックは、果たして肌に悪いのでしょうか?

鼻用の毛穴パックはどうして良くない?

毛穴パックを使うのは良くない!という意見が多いのには、大きく2つの理由があるようです。

肌の一部も一緒に剥がしてしまう

毛穴パックを剥がす際、痛みを感じますよね。それは結局、肌にダメージを与えているということ。

パックで角栓を取り除くと同時に、肌の角質や必要な皮脂もを剥ぎとってしまいます。
角質が傷ついてしまうと乾燥、炎症、かゆみなど、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

敏感肌の方はあまり使わない方が良いでしょう。

使いすぎると毛穴が広がる

必要な皮脂が失われてしまうと、今度はその乾燥を防ぐために過剰に皮脂が分泌されてしまうのです。

過剰な皮脂はテカリやニキビの原因になってしまいます。
また、毛穴パックによって角栓が無くなると、毛穴がポッカリ開いてしまってすぐには小さくなりません。

その間に古い角質や雑菌などの汚れが溜まり、皮脂と混ざり合ってまたすぐに角栓が詰まってしまうのです。

正しく使えば毛穴ケアには効果的!

詰まったままの角栓を放っておくと、どんどん角栓が大きくなって更に毛穴が広がってしまう場合もあります。

また、角栓が詰まっていることはニキビを引き起こします。

イチゴ鼻の黒ずみや、角栓が詰まっている人は毛穴パックで予防・解消することができるということです。

一度詰まってしまった角栓を取り除くのは簡単ではありませんので、そんなときは毛穴パックも有効な方法。

頻度や使い方に注意をして利用すれば、効果的な毛穴ケアにもなるのです。

上手に毛穴汚れを取り除く方法

出来るだけ肌に負担がかからず、その後も角栓が詰まりにくくするために、毛穴パックは正しく使いましょう。

毛穴パックは先に説明した通り肌への刺激が強いです。
敏感肌の方や、体調不良や生理中など肌が弱っている弱いタイミングでは使わないようにしてくださいね。

肌が柔らかく、毛穴が開いた状態で使う

パックする前に毛穴を開いておくことで、角栓を引き抜く際の毛穴へのダメージを少なくすることができます。
入浴後に使うか、パックの前に蒸しタオルで鼻を温めておきましょう。

少しずつ、優しくはがす

角栓を取り除くためとはいえ、痛みあるということは肌に刺激を与えるということで、何かしらのダメージを受けてしまいます。
無理にシートを剥がすと余計に角質層や毛穴を傷つけることになるので、優しく少しずつ剥がすようにしましょう。
傷みをただ我慢するのではなく、できるだけ痛みを感じないようにすることが大切です。

パック後は冷水&収れん化粧水でケア!

パックによって毛穴がポッカリ開いてしまっているので、毛穴を引き締めてあげましょう。

  • 冷水で顔を洗って引き締めたり、収れん化粧水を使って毛穴を引き締めます。
  • 収れん化粧水は皮脂の分泌も抑えてくれるので、パック後の毛穴詰まりを予防してくれます。

“収れん化粧水”の効果とは?夏のメイクのお悩みに!

毛穴パックによるその後のトラブルは、使う頻度が多いことや使い方が間違っているからかもしれません。

次回、毛穴パックにチャレンジするときは、上記の方法で優しくケアしてみてくださいね!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング