自眉がなくても太眉になれる!自然に見せる太眉の作り方

[更新]  /  [公開] 2015年7月18日

photo credit: Uncut via photopin (license)
photo credit: Uncut via photopin (license)

今年のメイクのトレンドと言えばなんといっても「太い眉」ですよね。

流行に合わせて眉を太くしようと思っても、そもそも眉が生えてこない、無理やり太くするとなんか変…なんてお悩みの方も少なくないのではないでしょうか?

でも大丈夫、自眉が少ない人でもキレイでナチュラルな太眉を作ることは出来ます!

眉が細い人、眉がない人のために眉メイクのコツをお教えします!

眉が細すぎる

十数年前の細眉時代に、眉を抜きすぎて細くしか生えてこないという方は、きっと今の太眉ブームで焦りを感じていることでしょう。

細すぎる眉を太くするのに大切なのは、左右のバランスを合わせることと、眉頭をぼかして自然に仕上げることです。
  1. 眉は真ん中から書き始める!
    眉頭から書き始める人が多数だと思いますが、中心から描き始めるとバランスがとりやすいです。
    黒目の真上あたりからスタートして、眉尻の方向に向かって少し書きましょう。
  2. 眉尻を決めて、真ん中につなげる
    ある程度長さを描いたら、先に眉尻部分を決めてしまいます。
    眉尻はあまり高く上げず、平行眉を意識した方が自然に仕上がります。
    眉尻の最後を決めたら、中央部分とつなげてアイブロウパウダーで埋めます。
  3. 眉頭に向かって描いていく
    眉メイクで多い失敗の1つが、眉頭を濃く描きすぎてしまうということ。
    ですので、眉頭から描かずに、先に描き終わった中央部分から少しずつ眉頭に向かって描き足していきます。
    眉頭は描くというより、ぼかすイメージで仕上げましょう。
    眉頭はパウダータイプをメインに使ってくださいね
  4. アイブロウマスカラでナチュラルに
    細い眉を太くしようとすると、どうしても自分の眉毛とメイク部分に違和感が出やすいです。
    そんなときはアイブロウマスカラを使えばOK。

ペンシルやパウダーに合うカラーのマスカラを自眉部分に馴染ませれば自然な太眉の完成です。

眉毛がない、薄い

眉が生えてこなくてマロ眉だとか、元々薄いという方は、太眉にしようとしてのっぺりと仕上がってしまうのが悩みです。

リキッドタイプのアイブロウを使って1本1本毛を書き足すようにすると自然に眉毛を増やして見せることが出来ます。
  1. ペンシルで輪郭を描く
    まず始めに、ペンシルタイプのアイブロウを使って眉の形を決めます。
    眉頭は描かず、そのままにしておきましょう。
    黒目の外側部分からまっすぐ上の延長線上を眉山にするとキレイなバランスになります。
  2. リキッドタイプで1本ずつ描き足す
    眉が全くない部分におすすめなのがリキッドタイプのアイブロウ。
    細い線を少しずつ描くことができるので、ナチュラルに眉を太くすることが出来ます。
    輪郭に従って、1本ずつ毛を描き足していきましょう。
  3. パウダーで立体感を出して完成
    リキッドタイプのアイブロウは、そのままだとペッタリした不自然な眉に見えてしまいやすいです。
    そのため、仕上げにパウダータイプのアイブロウを使います。
    眉の中心、眉山のあたりから描き始めて、眉尻や眉頭は薄くなるようにぼかしながらパウダーをのせます。

これで自然な太眉が完成です!

なかなか上手く描けずに億劫だった太眉メイクも、これできっと大丈夫です!

眉メイクをオシャレに決めて、堂々と今年のトレンドを楽しみましょう!

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング