初心者でも失敗しない!簡単なチークの入れ方

photo credit: Cammilla via photopin (license)
photo credit: Cammilla via photopin (license)

メイクはキチンとしているのに、チークだけを使っていない人いませんか?

チークを入れたことのない人は、チークを入れるのにとても勇気がいるかもしれません。

アイメイクやリップのようにポイントを作るのではなく、顔の広い面積に大きく色をいれるため、最初は戸惑ってしまうでしょう。

ですが、チークにはメリットも多く、その魅力にはまれば、チーク抜きのメイクなんてできなくなってしまう程です。

チーク初心者でもできる、簡単チークの入れ方とメリットをご紹介します。

チークで顔の印象が変わる

顔の中心部から側面に色をのせるチークは、顔の印象を大きく変えることができます。

大きなメリットは「小顔に見えること」「血色良く見えること」です。

ファンデを塗った肌は毛穴やシミを隠し、キレイな肌に見せることができますが、凹凸のないのっぺりとした印象にしてしまうこともあります。

そんな顔にチークをのせれば、顔にメリハリがつき、小顔に見せることができるのです。
また、色味が入るだけで顔の印象が明るくなり、健康的な印象に作ることもできます。
少々くすみが気になる時やお疲れ顔でも、チークをサッとのせるだけで肌の艶感が蘇ります。

メイクで錯覚効果を作り、顔の印象をガラリと変えてしまうことができるのがチークです。

初めてのチークはパウダータイプ

練りチークやリキッドタイプ、チークにも色んなタイプがありますが、初めてならパウダーを選びましょう。

パウダータイプは商品の色が濃く見えても、ブラシでのせれば淡く色づくほどにしか発色しません。

何度か重ねることで濃さを調節できるため、初心者でもこわがらずに使えるタイプです。

色は肌馴染みがよく、失敗の少ないピンク系をチョイスしてください。

基本的なチークの入れ方

チークによってはブラシが付属している商品もありますが、チーク用のブラシを購入して使用した方が簡単に、キレイに仕上がります。

  1. チークをブラシにとったら手の甲で粉を払い、笑顔を作った時にできる頬骨の一番高い所と、黒目の真下にブラシを置いてください。
  2. そこから斜め上、こめかみに向かってブラシを滑らせます。
  3. 鏡で横顔まで確認し、色が足りなければ同じ手順でチークを重ねましょう。
チークは慣れると、メイクの楽しさが格段にアップするアイテムです。

慣れたら自分流にアレンジしたり、他の色も試してみてください。

失敗しないポイントは以下の2点です。

  • 薄く重ねること
  • 横顔をチェックすること

チークをためらっていた方、ぜひ、試してみてくださいね。

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング