マンネリなヘアケアを劇的に変える3つの方法!

photo credit: I Don't Want to do That. via photopin (license)
photo credit: I Don’t Want to do That. via photopin (license)

いつものヘアケアにちょっとだけ変化を与えてみませんか?

ヘアケア用品にに少しだけあるものを加えたり、方法を変えたりすることで髪がより健康的に美しくなる裏技があります。

とっても簡単なのに効果があるため、ぜひ一度は試して欲しい方法です。

シャンプーの前にトリートメント

トリートメントはシャンプーの後に使うもの、髪を洗う前に毛先に潤いや栄養を与えるトリートメントを塗布してしまうのは間違っていると思っていませんか?

この裏技は髪を濡らす前に毛先にだけトリートメントを少しつけ、軽くなじませてから一度洗い流してしまいます。

その後、普通にシャンプーをし、再びトリートメントを使用します。

これは傷んだ髪に有効な方法。
乾いた髪に直接トリートメントを沁みこませることで、髪の内部に栄養分を浸透しやすくさせるのです。

髪がしっとりしますし、スタイリング剤や汚れによってごわついた髪を柔らかくする効果もあります。

同様にリンスやコンディショナーを使用しても構いません。

髪をコーティングするコンディショナーなどを使えば、シャンプーの洗浄力の強い泡から毛先を守ることができるため、髪へのダメージを軽減することができます。

シャンプーにハチミツを足す

普段使っているシャンプーに、ハチミツを少しだけ足して髪を洗ってみてください。
保湿効果の高いハチミツを加えることによって、シャンプーの使用感がしっとりめに変わります。また、ハチミツには殺菌効果もあるため、地肌を優しく洗うことにも適しています。

使用中のシャンプーを買い替える前に、ハチミツを加えて試してみてください。

使用感が変わることで、使い続けることができるようになるかもしれません。

ドライシャンプー代わりにベビーパウダー

汗ばんだ季節や湿気の多い時、髪は蒸れやすくなってしまいますよね。

ですが、1日に何度もシャンプーをするわけにもいかず、不快な思いを我慢している時はありませんか?

そんな時は少量のベビーパウダー手に取り、地肌につけて指先で軽くもみ込んでみてください。
全体に軽くまぶしたら、ブラシで丁寧にとかして終了です。
頭皮のジメジメがサラサラとした質感に変わり、スッキリとします。

風邪を引いてお風呂に入れなかった時などにも便利なため、ぜひ覚えておいてください。

マンネリなヘアケアに、ちょっとだけ変化をつけることによって、髪への意識も高まります。
自分に合った方法なら、習慣化してしまうのもいいかもしれません。

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング