体臭と食べ物の関係!「臭いの原因」と「改善する」食品

photo credit: Fresh garlic bulb via photopin (license)
photo credit: Fresh garlic bulb via photopin (license)

暑い季節になると、汗の臭いが気になりはじめる方が多くなりますね。

大量に汗をかいた場合では、汗と皮脂が混じり合って独特な臭いを発生させることがありますが、大量の汗をかいたわけではないのに、妙に汗の臭いがきつくなることがあります。

では、それはいったい、なにが原因で起こるのでしょうか?

汗の臭いがきつくなる食品がある!?

ここでは汗の臭いがきつくなりやすい食品をいくつかご紹介しておきます。

これを食べたから汗の臭いがきつくなるということではなく、あくまでも大量摂取をしたり、毎日食べ続けたりすることによって、汗の臭いがきつくなる確率が高くなるとご理解下さいね。

肉類

動物性タンパク質は、私たちの体内に取り込まれるとアミノ酸に変化しますが、その段階でアンモニアが生成されます。

体内で生成されたアンモニアは、通常であれば腎臓で代謝されて尿として体外へ排出されます。

ところが、腎臓で処理しきれなかったアンモニアが体内に溜まると、それが汗として毛穴から噴き出てくるようになり、これがきつい臭いとなるわけです。

ニンニク

ニンニク独特の臭いは、アリシンという物質によるものです。

アリシンには疲労回復やダイエット効果があるため、少しの量を毎日食べ続けると健康増進や美容に役立ちます。

ところが、毎日大量のニンニクを食べ続けていると、体内でつくられた臭いの元が汗とともに表面に現れてくるため、汗の臭いがきつくなります。

毎日ニンニクを食べたいのであれば、加工された臭いの少ないニンニクや燻製となっている黒ニンニクなどを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

アルコール

アルコールを大量に摂取すると口臭がきつくなりますが、アルコールが体内で分解されると、アセドアルデヒドという物質に変化し、これが汗とともに体外へ排出されることによって汗の臭いがきつくなります。

汗の臭いを改善する食品とは?

大豆製品、魚介類、野菜、フルーツ、ヨーグルトを摂取することにより、汗の臭いを改善することができます。

これらの食品は私たちの普段の食卓でもお馴染みのものばかりですので、簡単に摂取することができるのではないかと思います。

汗の臭いがきつくなったとし感じたのであれば、汗の臭いの原因となりやすい食品の摂取をやや控え気味にして、上記でご紹介した汗の改善に役立つ食品を積極的に摂取してみて下さいね。

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング