美容成分ヒトオリゴペプチド-1・EGFとは?化粧品の効果と選び方

[更新]  /  [公開] 2015年7月9日

photo credit: Raw ingredients via photopin (license)
photo credit: Raw ingredients via photopin (license)

EGFという美容成分、名前を見聞きしたことのある方は多いのではないでしょうか?

EGFとは、上皮成長因子と呼ばれるタンパク質で、細胞の成長促進、細胞の機能調整を行う働きを持っています。

もともとは皮膚再生治療など医療分野に於いて使用されていたEGFでしたが、2005年には美容成分として「ヒトオリゴペプチド-1」という表記で、厚生労働省による化粧品への配合の認可が下りました。

EGFの効果とは?

アンチエイジング効果に対して大きな効果を期待することができます。

私たちのお肌は常にターンオーバーを繰り返していますが、加齢やホルモンバランスの崩れなどの理由により、その周期は乱れがち。

ターンオーバーの周期が乱れると古くなった角質がそのまま表皮に残り、さらに真皮から押し上げられてきた角質とともに、いくつもの層をつくってしまいます。

そして、古くなった角質層がお肌の乾燥やシワの原因となって老化肌をつくりだします。

そのような老化肌の原因となるターンオーバーの周期の乱れを改善し、若々しいお肌づくりに役立つのがEGFであるということです。

EGFはなぜ高い?

EGFが配合されている化粧品は往々にして高価な価格設定となっています。

ですが、それにはきちんとした理由があります。

それは、現在販売されている化粧品に配合されているEGFは動物由来の原料から抽出される53種類のアミノ酸であり、その抽出から精製に於けるバイオ技術の導入などで大きなコストがかかってしまうからです。

たまに、ヒトオリゴペプチド-1という表示のある化粧品の中で、驚くほど安価で販売されているものがありますが、それはヒトオリゴペプチド-1の配合量が非常に少ないことが考えられます。

EGF配合の化粧品は、日本EGF協会の認定マークがあるものを選びましょう。

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング