痩せる裏ワザ チアシードとは

[更新]  /  [公開] 2015年3月10日

292_mv

ダイエットというと「我慢」「食べられない」または「まずい」というイメージがつきがちですが、「ちょい足し」で満足感が得られて痩せられるダイエット方法があります。

満腹感があって食べるのをやめるので、ストレスフリーです。

そんな満腹ダイエットは「チアシード」というアイテムを使います。

ダイエット先進国であるアメリカで話題となったこの食品、一体どんなものなのでしょうか?

先にママが痩せちゃった!

とある家庭でのエピソードです。

お年頃の娘さんがいる家庭で、朝食のヨーグルトにチアシードを混ぜることになりました。

チアシードは栄養バランスが良いので、ダイエットだけではなく美容にも良いのです。情報が早い娘さんからの提案でした。

ところが、娘さんは寝坊をして、デザートまで食べる時間が無く登校。余ったチアシード入りヨーグルトをおそるおそる食べてみたところ、プルプル食感とプチプチにハマってしまったお母さん。

なんと、娘より先にお母さんが中年太りを解消。すっきりキレイになってしまいました。

「お母さん、どうしたの?」「あなたの残したヨーグルトでね…」と、ちょっとした微笑ましいエピソードです。

ぷるぷる・ぷちぷち食感

チアシードは、タピオカにキウイの種食感を足したような食物です。

ゴマのような形状で、水分を加えると種の周りがプルプルしてきます。

前エピソードのようにヨーグルトに混ぜたり、ドリンクやスムージーに混ぜるとぷるぷるした食感が楽しめます。

そして、ジャムにも!他の果物のジャムに混ぜればキウイジャムのような食感になります。

また、ゴマのような使い方も可能ですので、ケーキやクッキーに入れたり、醤油とあえてタレにすることもできます。

ジュレ状になるので、余計な醤油を使わずに済み、減塩効果もあります。
体内に入った後でも水分で膨張するので、満腹感ばっちりです。

チアシードのパワーとは

「チアシードと水があれば人は生きていける」と言われるくらい、チアシードは奇跡と言えるほど栄養価に優れています。

シソ科サルビア属ミントの果実の種です。

黒のブラックチアシードと白のホワイトチアシードがあり、ホワイトチアシードの方が話題のオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)を多く含みます。

ゴマとは違い、殻の構造の違いで人体に吸収されます。

[ ダイエット食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング