敏感肌に紫外線は大敵!刺激の少ない日焼け止めの選び方!

photo credit: Moon light over via photopin (license)
photo credit: Moon light over via photopin (license)

肌に乾燥や老化など様々なトラブルを引き起こす紫外線は、刺激を受けやすい敏感肌なら特に注意しなくてはいけませんよね。

でも、紫外線対策のために使う日焼け止め自体が肌に合わず、トラブルの原因になってしまうこともあるでしょう。

敏感肌の方が注意するべき紫外線対策のポイントを紹介します。

紫外線が肌に与える影響とは?

まずは、紫外線が肌にどんな影響を与えるのか知っておきましょう。

太陽の光の中にはUVA、UVB、UVCという3つの種類の紫外線が含まれていて、その中でも地表に届くのはUV-A,UV-Bの2つです。

UVAが肌に与える影響

紫外線のほとんどはUVAです。肌の奥にある真皮層にまで届き、エラスチン・コラーゲンを変性させます。肌の弾力がなくなったり、シワができるなど、老化を促進させてしまう可能性があります。

肌の奥で老化現象が蓄積されるので、年齢を重ねるに連れてUVAの影響が出てきます。

メラニンを作ったり、既に肌の中にできているメラニンを酸化させて黒くする作用もあります。
季節・天候に関係なく降り注ぎ、ガラスを透過するので室内でも注意が必要です。

UVBが肌に与える影響

表皮に作用して、肌を炎症させる作用があります。メラニンを増やすので、シミやそばかすの原因となりやすいです。

刺激が強い紫外線ですので、敏感肌の方は特にUVBに注意が必要です。

角質層を弱くしてバリア機能が失われたり、乾燥しやすくなるのでさまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。

敏感肌の紫外線対策のポイント!

紫外線を浴び続けると敏感になっている肌が余計に刺激を受け、更にトラブルが悪化してしまう可能性があるということです。

続いて、なるべく肌に負担をかけない日焼け止めの選び方を紹介します!

SPF、PAはどれくらいのものを選べばいい?

化粧品の日焼け止め効果について確認できる表示がSPFとPAです。

これらの数値が高くなるほど肌に負担がかかると言われているので、少し外出する程度の日常生活ならば【SPF15~30、PA++】ほどあれば十分だと考えられます。

SPFとPAがそれぞれ何を意味しているかについて知っておくと、日焼け止めが選びやすくなるので、簡単に説明しておきます。

紫外線が強い場所で、紫外線を浴びる時間が長いときはそれぞれ数値の大きなものを選びます。

SPF…紫外線UVBを防ぐ効果を示します。

SPFの数値1あたり、紫外線UVBが当たってから日焼けするまでの時間を肌を15~20分程度遅らせる効果があります。

例えば、SPF20であれば20×約20分=約400分(6時間40分)の間、UVBから肌を守ってくれると考えられます。

日焼けするまでの時間には個人差があるので、日焼けしやすい人・しにくい人によって効果も変わります。

PA…紫外線UVAを防ぐ効果があります。

PAの次に表記される「+」の数が多いほどUVAに対する効果が高いです。

UVAは窓ガラスなどを超えて肌に届くので室内でも注意が必要です。
また、季節に関係なく曇りの日でも届いています。

紫外線〝吸収剤”に注意して!

化粧品に含まれる紫外線を防止する成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つがあります。

それぞれメリット・デメリットはあるのですが、肌のバリア機能が弱っている敏感肌の方は「紫外線散乱剤」による紫外線対策がおすすめです。

紫外線吸収剤は、白浮きしにくく付け心地も良いのですが、化学反応によって紫外線を防止するので肌に刺激を与えることがあるのです。

  • 紫外線吸収剤フリー
  • 紫外線吸収剤不使用
  • ノンケミカル

などと表示されているものを選ぶと安心です。

ただ、紫外線吸収剤でも安全性の高い低刺激な成分が開発されるなど技術も進んでいます。
気になる製品があればパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

日焼け止めはこまめに塗りなおして!

紫外線散乱剤を使った日焼け止めは、紫外線吸収剤を使ったものに比べて効果が薄く、汗や皮脂で落ちやすいと言われています。

朝塗ったらそれでおしまい…なんてことはせずに、2~3時間おきに塗り直しましょう。
顔はメイクを落として塗りなおすのが理想ですが、現実的にはちょっと難しいですよね。

パウダータイプの日焼け止めを使ったり、UV対策のできるファンデーションやパウダーでメイク直しをするようにすればOKです。

敏感肌にとって紫外線対策はとっても重要なこと。肌を刺激から守るために、紫外線対策を怠らないでくださいね!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング