ジョギングで健康的に痩せる方法とメリット

[更新]  /  [公開] 2015年7月3日

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

健康やダイエットのために、ジョギング・ランニングをする方が増えていますよね。

ジョギングは昔から定番のダイエット法ですが、今でも多くの支持を得ているのは様々なメリットがあるからです。

まだジョギングを始めていない方のために、ジョギングの良さ、そして痩せるジョギングのコツをお教えします!

ジョギングダイエットのここがいい!

ジョギングは、痩せるだけでなく体にとって様々な良いことがあります。

ジョギングにはどんな効果があるのか、まとめました。

有酸素運動だから脂肪を燃焼できる!

酸素を体に取り込んで、糖質・脂肪をエネルギーに変換するのが有酸素運動。
ジョギングは代表的な有酸素運動ですので、効率よく脂肪を減らすことができるダイエット法です。

太りにくい体になれる!

ジョギングを続けることで筋肉が増えると、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がれば、特に何もしなくても消費するエネルギーが増えるので、自然と太りにくい体質になるのです。
いろいろなダイエットを試して、そのたびにリバウンドしてきた…なんていう失敗とサヨナラできる可能性を秘めています!

体力がついて健康に!

運動不足は心肺機能・筋肉が衰え、免疫力も下がってしまいます。大人になると、何をしてもすぐに疲れを感じてしまう人も多いでしょう。
ジョギングを日常的に取り入れることは、疲れにくく、病気のしにくい体を維持することにつながります。

ストレス解消!

運動して汗をかくことで、セロトニンが分泌されます。セロトニンは自律神経を整え、ストレスの解消につながる脳内伝達物質です。
有酸素運動を5分以上つづけることでセロトニンの活性が高まるので、ジョギングはストレス解消にも効果が期待できます。

痩せるジョギングのコツ!

効率よく痩せるためには、どのタイミングで・どれくらい走ればいいかなど、いくつかのポイントがあります。

よりダイエット効果を高めるためのジョギング法を紹介します!

朝起きてすぐ!食事の前に!

空腹時は脂肪からエネルギーを使います、つまり脂肪が燃焼しやすいということ。
そして朝にジョギングをすると体スッキリして、1日の代謝もアップします。
ダイエットに効果的ということだけではなく、その日1日を活動的に過ごせるので仕事もテキパキすすむはず。
仕事終わりの夕方以降でも効果はありますので安心してくださいね、その際も食事の前に行うようにしましょう。

スタートの前に水分補給!

寝ている間に汗をかくので、朝は水分が不足している状態です。
走り出す前にコップ1杯の水を飲みましょう、常温の水もしくは白湯がおすすめです。
空腹が心配という方は少しだけ何か食べてもOKです、バナナなど簡単に食べられるものを口にしましょう。

まずはストレッチで体を温めて!

朝起きて体が温まっていない状態で急に走り出すと、ケガにつながりやすいので注意しましょう。
ストレッチをして筋肉を柔らかくしてからスタートします。
腕立てやスクワットなどの筋トレも、ジョギングの前が効果的です。
よりシェイプアップしたい方は走る前に筋トレやダイエット向けストレッチを取り入れましょう。

ゆっくりと、30分間!

有酸素運動は初めて20分以降に脂肪の燃焼が始まると言われています、だから1回のジョギングは30分がおすすめ。
スピードは関係ないので、ゆっくりでも30分走り続けるようにしましょう。
慣れてきたら自然と早く走れるようになりますよ!

帰ってきたら水分補給とストレッチ!

ジョギングが終わったらしっかり水分補給をして、下半身を中心にストレッチしましょう。
ジョギングによって膝や足首、腰などに大きな負担がかかっているので、そのままにしておくと疲労を蓄積します。
毎日ジョギングを続けるためにも、疲れを残さないことが大切です。


ジョギングによるダイエットで大切なのは、「継続する」ことです。

仲間と一緒におしゃべりしながら走ったり、気分をアゲるウェアやシューズを身に着けるなど、楽しみながら行ってみてくださいね!

[ 運動でダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング