ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーはどちらがオススメ?

photo credit: Soaps and Shampoos via photopin (license)
photo credit: Soaps and Shampoos via photopin (license)

ここ数年、髪と頭皮に優しいとして人気が高まっているノンシリコンシャンプー。

ブームが始まった当初は洗い上がりがきしむといった声もありましたが、最近は使用感のいいものも出ているようです。

シリコン入りのシャンプーは抜け毛や薄毛の原因になるという声もあるようですが、本当なのでしょうか?

なぜシャンプーにシリコンが入っているの?

シャンプーやトリートメントに配合されているシリコンは

  • ジメチコン
  • シリカ
  • メチコン
  • シクロメチコン

といった名前の成分として配合されています。

ドラッグストアで売られているようなシャンプーにはほとんど入っていると考えていいでしょう。

これらのシリコンは髪の表面をコーティングしてなめらかにしてくれます。

市販のシャンプーにはラウリル硫酸などと呼ばれる洗浄力の高い合成界面活性剤が配合されているので、シリコンなしでは髪がきしんで、絡みやすくなってしまうのです。

またシリコンは摩擦を和らげてくれるだけではなく、髪のツヤを出してくれる効果もあるのでトリートメントやコンディショナーにも配合されています。

シリコンが毛穴に詰まるというのはウソ?

育毛剤や育毛シャンプーなどの宣伝で

シリコンは毛穴に詰まって頭皮環境を悪化させ、薄毛や抜け毛を招く

と謳っているものもあります。

しかし、シリコンが毛穴に詰まるというのはウソ。

メーカーの実験によるとシリコンはその性質上、水と混ざると水滴のようになるため毛穴にとどまっていることはできないということが分かったそうです。

「しっかりすすぐシャンプーと違って、トリートメントやコンディショナーに含まれるシリコンは頭皮に残りやすいのでは?」という意見もありますが、、

ヘアケア製品に配合されている程度の量であれば、次にシャンプーしたときに洗い流されるため、毛穴をふさいだり、頭皮に蓄積されるたりすることもありません。

どうしても気になるという方は汚れを落とす目的で使用するシャンプーだけノンシリコンのものを選んで、髪をしなやかに落ち着かせるために使用するトリートメントやコンディショナーのみシリコンが使用されたものを選んでみてはいかがでしょうか。

気にしたいのはシリコンよりもラウリル硫酸?

頭皮へのダメージや頭皮環境の悪化による薄毛や抜け毛を心配するなら、シリコンの有無よりもラウリル硫酸をはじめとする合成界面活性剤が使用されているかどうかを気にするべきでしょう。

合成界面活性剤は刺激が強く、頭皮にダメージを与える可能性があるということが分かっています。

合成界面活性剤不使用のシャンプーにはアミノ酸系シャンプーやせっけんシャンプーなどがあります。

アミノ酸系シャンプーは髪と頭皮に優しいものの、価格が高いのがネック。

もう少し安く済ませたいという方は、せっけんシャンプーにシリコン入りのトリートメントやコンディショナーをプラスしてみるのもいいかもしれませんね。

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング