オールインワン化粧品の意外なメリットとは?

[更新]  /  [公開] 2015年6月26日

photo credit: love lily 11 via photopin (license)
photo credit: love lily 11 via photopin (license)

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム…。こんないくつものプロセスを繰り返すスキンケアをしなければ肌はキレイになれない!と思い込んでいませんか?

きちんとお手入れをしているのに肌のコンディションがよくならない、それどころか年々悪化している…と感じたら、お手入れ過剰を疑ってみる必要があります。

たくさんの化粧品を使えば、その分きれいになれると考えるのは間違い。「でもお手入れはしないとやっぱり不安…」という方に一度トライしてほしいのがオールインワン化粧品です。

オールインワン化粧品とは

オールインワン化粧品とはそれひとつで化粧水、美容液、クリームの役割を果たしてくれるアイテムのこと。

洗顔後、オールインワン化粧品をひとつつけるだけでお手入れが完了するという便利なアイテムです。

オールインワン化粧品はもともと敏感肌の方のためにお手入れのプロセスを少なくするために生まれました。今では「コレ1つでOK!」という利便性ばかりが注目されていますが、最大のメリットは「お手入れがシンプルになること」にあると言えるのです。

肌に負担をかけるお手入れって?

W洗顔、化粧水、美容液、保湿といったプロセスを繰り返すと、当然それだけ肌を摩擦することになります。余計な力を入れて肌を摩擦すると、肌を守ってくれる常在菌を減らしてしまったり、メラニン色素を増やしたり、肌がシワになってしまうというデメリットがあるのです。

皆さんはクレンジングをするときや洗顔後タオルで顔を拭くとき、肌をゴシゴシこすっていませんか?パンパンと肌をたたくようにして化粧水をパッティングしたり、美容液をすり込んだり、クリームを使って表情筋マッサージを行う…こうしたお手入れもすべて肌を摩擦してダメージを与えてしまいます。

オールインワン化粧品なら、洗顔後、ジェル状のアイテムを手に伸ばして肌の上からプッシュするようになじませるだけでお手入れは完了です。仮に肌をこすってしまったとしても、いくつものアイテムを塗り重ねる通常のお手入れに比べれば、その回数は激減させることができるはずです。

オールインワン化粧品にゲル状アイテムが多い理由

オールインワン化粧品は「オールインワンゲル」と呼ばれることもあるほど、ほとんどがゲル状になっています。保湿アイテムであるクリームは水と油を混ぜるために界面活性剤を使用しています。この界面活性剤には合成のものと植物性のものがありますが、ほとんどの化粧品はコストを抑えるために合成界面活性剤を使用しています。この合成界面活性剤は肌の潤いを奪ってバリア機能を低下させたり、たんぱく質を変質させてしまうといったダメージの原因になる成分でもあるのです。

ゲル状のアイテムにはこの合成界面活性剤を使用する必要がないため、肌への負担をぐんと軽くすることができます。その分、肌が乾燥する、つっぱるという感覚を覚えることもあるかもしれませんが、薄く重ね塗りをすることで解消できるはず。しばらくすると肌が元気になって自ら潤おうとする力がアップするため、オールインワン化粧品だけでも物足りなさを感じなくなるでしょう。

面倒なスキンケアに疲れた…。化粧品代を少しでも減らしたい!という方も是非、オールインワン化粧品を試してみてください。肌の状態もお財布事情もよくなるはずですよ!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング