アラフォー世代になったら考えたい月イチのフェイシャルエステ!

[更新]  /  [公開] 2015年6月26日

photo credit: Thinkfull via photopin (license)
photo credit: Thinkfull via photopin (license)

年齢とともに衰えが気になる肌。

毎日のお手入れや食事、運動といったインナーケアが重要であることは言うまでもありませんが、アラフォー世代になったら考えたいのが月イチでプロの手を借りたケアをすること。

最近は自宅でもエステ並の効果が得られるという美顔器も登場していますが、プロの手によるケアと何が違うのでしょうか。

目に見えないトラブルにもアプローチしていくサロンケア

エステサロンでフェイシャルケアをするメリットといえば、まず目に見えるダメージだけではなく肌の内側にアプローチしてトラブルを未然に防げる肌になれるということ。

例えば、肌表面に現れていないシミ予備軍やさまざまなトラブルを引き起こすインナードライなど、自分では気がつきにくいトラブルの元をケアしてダメージが起こりにくい肌に導いてくれるのです。

なりたい肌に合わせてアプローチ方法を変えるプロのケア

私たちの肌は

  • 表皮層
  • 真皮層
  • 皮下組織

という3つの層から成り立っています。

エステサロンでは肌のトラブルやなりたい肌のイメージに合わせて、この3つのどこにアプローチする必要があるか判断してフェイシャルコースが設定されています。

例えば、

  • シミやくすみが気になる肌ならまずメラニン色素を含んだ古い角質を表皮層から穏やかに取り除いたあとで、高濃度のビタミンCをイオン導入マシンでしっかりと肌の奥まで浸透させる…。
  • エイジングサインが気になる場合はエステティシャンのハンドテクニックで肌に活力を与えながら、リフティング効果の期待できるエンダモロジーのトリートメントマシンを使用し真皮層にある表情筋にアプローチする…といった具合です。

また安全性を考慮してパワーが弱めに作られている家庭用の美顔器に比べて、プロが使用するサロン用のマシンは違いを実感しやすいとも言われています。

リラクゼーション効果による変化で肌がピカピカに!

エステサロンと自宅でのセルフケアの最大の違いといえば、リラクゼーション効果が得られることでしょう。

自分でもスキンケアはできますが、肌と心がほぐれるような「誰かにやってもらうケア」は気持ちよさがまったく違います。

特にエステサロンは女性がキレイになれることだけを考えて作られた空間なので、忙しい日々、仕事や家事、育児などの合間をぬって行うケアでは得られない癒し効果が期待できるのです。

またエステティシャンは表情筋の位置やリンパの流れ、顔のコリやすい部分などを熟知しているので、優しくなでるようなマッサージなのに、仕上がりの肌はハッとするような透明感とひきしまり感が得られるはず。

肌体力がある20代から30代前半では、それほど違いは実感できないかもしれませんが、アラフォー世代になったら是非、一度プロの手によるフェイシャルケアを受けてみてください。

きっとその違いに驚くでしょう。月に1度か2度、プロのお手入れを受けるだけで10年後の肌が違ってくるはずですよ!

[体験&お試し感想] アンチエイジング化粧品アスタリフトは評判通りか?

[ アンチエイジング ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング