目指せ香り女子!シャンプーの香りを長続きさせる5つのコツ

photo credit: IMG_8418 via photopin (license)
photo credit: IMG_8418 via photopin (license)

髪の毛からふんわり香る良い香りに男性はキュンキュンしてしまうもの。

でも、つゆの時期はむわ~んとした湿気にやられて、良い香りのシャンプーの匂いがすぐに消えてしまうなんて事も良くあることです。

シャンプーの香りを長続きさせるコツはあるのでしょうか?

今回は、目指せ香り女子!シャンプーの香りを長続きさせる5つのコツについてお話しします。

洗う前にしっかりとブラッシングする

シャンプーをする前に、ブラッシングしている女性は意外に少ないのではないでしょうか?

でも、洗う前のブラッシングは汚れを落ちやすくするためにとても必要な事。

髪の毛に付いた、ほこりや汚れをブラッシングする事である程度落とし、同時に頭皮の血行も良くすることができるため、シャンプーの効果が上がりますよ!

ブラッシングは髪にも頭皮にも良し!さらに顔のリフトアップ効果も

ぬるま湯で洗おう

シャンプーをする時に、熱いお湯で洗った方が汚れが落ちるのでは?
と勘違いしている人も多いと聞きます。

でも、実は熱いお湯で洗うと頭皮の油分が全部落ち切ってしまい、焦った体が沢山の皮脂を分泌させてしまうのだそう。
皮脂が多くなりすぎると、頭皮の匂いがキツくなり、せっかくのシャンプーの香りも台無しになってしまいます。

シャンプーをぬるま湯で行うだけで、次の日のシャンプーの香りが変わってきますので試してみてくださいね!

洗う前のすすぎをしっかり行う

洗う前のすすぎをしっかりすれば、よごれは8割程度も落ちてしまうのだとか。

シャンプー剤の立ちを良くするためにも、洗う前のすすぎはとても大切です。ぬらすという感覚ではなく、ぬるま湯で洗うという意識に変えるだけで全然違ってきます。

すすぎながら、頭皮のマッサージをして血行を良くすることで、頭皮の新陳代謝もよくなり髪の毛の潤いもアップします。

シャンプーは必ず泡立ててから使う

シャンプーを髪の毛にベタッとつけて洗う人がいます。

でも、髪の毛は非常に敏感です。髪の毛同士の摩擦だけ切れ毛や、抜け毛の原因になってしまう事も。

シャンプーは必ず泡立てて使うのが良い香りを残し、髪の毛をサラサラ、ウルウルに保つコツです。

顔を洗うように、泡立てネットを使ってモコモコの泡にしてから髪につけるのがベスト!

しっかりとすすぎをする

洗うよりも、すすぎをしっかりする事で、シャンプーの匂いを髪に残す事ができます。

すすぎ残しがあると、地肌に汚れが溜まってしまい、匂いやニキビ、フケなどの原因になってしまいます。

トリートメントは余り流さない方が良いなんていう都市伝説もありますが、それは全くのウソ!頭皮のトリートメントをしっかりと流すイメージですすぎをしましょう。

いかがでしたか?

シャンプーが終ったたら、放置せずタオルドライし、すぐにドライヤーを当てましょう。

根元を乾かしようにドライヤーを少し放した状態で当てるのが頭皮に優しい方法です。

いつでも良い香りの女性は、同じ同性でも憧れの存在。

そんな香り女子を目指して、シャンプーの方法を工夫してみましょう!

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング