医療機関の永久脱毛とサロンの半永久脱毛について

[更新]  /  [公開] 2015年6月27日

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

薄着の季節を目前にすると、頻繁にある広告が視界に飛び込んでくるようになります。

それは、エステティックサロンなどの脱毛メニューの広告です。

脱毛には、セルフで行う方法とエスティックサロンや美容外科などの医療機関で行う方法がありますが、お肌を傷めることなく綺麗に脱毛を行いたいのであれば、やはりエステティックサロンや医療機関による脱毛に勝るものはないでしょう。

その脱毛には、永久脱毛と半永久脱毛がありますが、皆さんはその違いをご存じですか?

それでは、それぞれについて簡単に説明させて頂くことにします。

永久脱毛とは?

脱毛を行った毛穴から、二度と毛が生えてこなくなる脱毛方法を指し、医療機関でのニードル脱毛がこれに当たります。

ニードル脱毛とは、毛穴1本ごとに細い電極針を指し込み、毛根の組織ごと焼き切ってしまう脱毛方法のこと。

二度とムダ毛に悩まされることがなくなるニードル脱毛ではありますが、費用が莫大である上に、長期間を費やさなければならないというデメリットを持っています。

また、この脱毛方法は施術時に感じる痛みがハンパではないという…。

そのような理由から、現在ではこの方法で脱毛を行う方が激減しているようです。

半永久脱毛とは?

エステティックサロンや医療機関の脱毛メニューには、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ワックス脱毛があります。

このような脱毛方法は繰り返し行うことによって、脱毛を行った毛穴から発毛しにくくなるという特徴を持っていますが、毛根組織が完全に死んでしまうわけではないので、数年後に発毛する可能性がゼロではありません。

この脱毛方法が永久脱毛と呼ばれていることがありますが、厳密には半永久脱毛であり、再度発毛する可能性があるということも知っておきましょう。

現在では、レーザー脱毛より施術時の傷みが少ないフラッシュ脱毛が主流となっているようですが、レーザー脱毛と比較した場合には、効果の現れ方が遅いという特徴を持っています。

また、ワックス脱毛は施術時に大きな痛みを感じることが多いという理由から、現在ではやや人気が下降気味となっているようです。

[ 脱毛エステサロン ] 記事一覧

脱毛マニアがサロンやクリニックの口コミを徹底比較! おすすめランキングですぐにみつかる

総合 - アクセスランキング