夏の化粧崩れを抑えるために気をつけたい3つのポイント

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

本格的に暑い季節になると気になり始める化粧崩れ。

朝、家を出る前に完璧なベースメイクをしても職場につくころにはドロドロになっている…。

なんていう経験ありませんか?

 ここで夏の化粧崩れを防ぐために気をつけたい3つのポイントをまとめてみました。

朝の洗顔は肌のコンディションと相談しながら

「夜寝ている間に排出された老廃物を洗い流すために、朝もしっかり洗顔する必要がある」と思い込んでいませんか?

洗顔のし過ぎは肌を乾燥させて、かえって皮脂分泌を増やしてしまいます。ただでさえ夏場は冷房の影響で肌が乾燥しがち。

うるおいが不足しているのにベタつく肌は化粧がノリにくく崩れやすいという悪循環を起こしてしまいます。

化粧崩れが気になるという方はまず、朝の洗顔をぬるま湯だけにしてみましょう。

うるおいを落としすぎない肌なら洗顔後の化粧水、乳液の最低限の量で済むため化粧崩れが起こりにくくなります。

化粧水と乳液の間は最低でも3分以上開けて

朝、忙しいからといって化粧水や乳液を立て続けに肌にのせていませんか?

化粧水が肌に浸透する前に乳液をのせると肌の上でアイテム同士が混ざって、それぞれの効果をきちんと発揮することができません。

乳液がなじまずに肌がテカったりすることも。化粧水をつけたら3分、乳液をつけたら3分と浸透させるための時間を空けるようにしましょう。

ベースメイクはとにかく薄く!

UVカット効果のある下地を塗ったら、リキッドファンデやBBクリームは薄めに伸ばします。

そのあと、フェイスパウダーでさっと押さえるようにしてベースメイクは終了。

できれば朝はUVカットとパウダーだけで済ませ、乾燥しているオフィスについて汗が引くのを待ってから、ほんの少しリキッドファンデやBBクリームを伸ばすのがベストです。
オフィスが乾燥している場合はパウダーを省いてもOKです。

また携帯用のプレストパウダーやパウダーファンデを使うときに常に清潔なスポンジを使うとメイクのノリもよくなります。

昨日の皮脂がついたスポンジで今日の肌をこすれば、化粧崩れが起こるのは当然のことなのです。

肌が荒れているから、コンシーラーやリキッドファンデは欠かせない…という方はトラブルを隠すのではなく、食事や洗顔を見直して健康な肌を取り戻す努力もしましょう。

肌のトラブルがなくなれば、使用するファンデは最低限で済みます。その分、化粧崩れも気にならなくなりますよ!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング