美白スキンケア効果のある食事で透明感のある肌へ!

[更新]  /  [公開] 2015年6月23日

photo credit: Frutas e Vegetais via photopin (license)
photo credit: Frutas e Vegetais via photopin (license)

女性の誰もが憧れる透明感のある白い肌。

日焼け止めや日傘、帽子などを使った紫外線対策やさまざまな美白成分を配合した美白化粧品を使ってお手入れしているけれど、あまり変化が実感できない…。

そんな風に感じている方は毎日の食事からできるシミ対策をプラスしてみてはいかがでしょうか?

体の内側からもケアすれば、より早く透明感のある肌に一歩近づくことができるかもしれません。

抗酸化効果のある成分を含む食材

シミ対策といえば、一番に思い浮かぶのが活性酸素を除去する抗酸化作用のある成分です。

「最強の抗酸化効果」や「ダイエット効果」がある緑茶の素晴らしいパワーとは

美白といえば、まず思い浮かぶのがビタミンCです。

またビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれる働きもあると言われています。

ビタミンCが豊富な食材といえば、イチゴやキウィ、オレンジ、赤ピーマンなどがあります。

またトマトに含まれるリコピンも強力な抗酸化作用があります。

その力はビタミンEの100倍ともいわれ、メラニンを生成する作用を抑える効果やコラーゲンの再生を促す効果も。

さらに日焼けの影響そのものを受けにくくし、肌がごわつくのを防いでくれる役割もあると言われています。

トマトの老化防止力とは?

アンチエイジング成分として有名なアスタキサンチンにも抗酸化作用があります。

アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの1000倍近くにもなるのだそう。

またメラニンの生成を抑えてシミができにくい状態に導いてくれるだけではなく、コラーゲンやエラスチンといったハリ成分の生成にもアプローチしてくれます。

アスタキサンチンが含まれる食材はサケやエビ、いくらなどがあります。

肌のターンオーバー機能を正常化してくれる成分

できてしまったシミやくすみがなかなか改善しないのは、ターンオーバー機能が低下して、古い角質が肌に留まりやすくなっているからかもしれません。

食事で美白を考えるなら、抗酸化作用のある食材だけではなく、ターンオーバー機能の正常化をサポートしてくれる成分も摂るようにしましょう。

ビタミンB2

ビタミンB2は肌の代謝をアップして、メラニンを含む古い角質を排出しやすくしてくれます。ビタミンB2は髪や爪の再生にも関わる成分なので、欠かさずに摂るようにしたいもの。

豚や牛のレバーや焼き海苔、味付けのりなどに多く含まれています。

L-システイン

L-システインも肌のターンオーバー機能をサポートしてくれる成分です。

サプリメントで摂る成分と思われがちですが、豚肉や大豆、ハチミツなどにも含まれています。

ビタミンCと合わせて摂ることで効果がアップすると言われているので、イチゴにハチミツをかけて食べたりするのもいいかもしれませんね。

こうした食事内容にプラスして紫外線対策、美白ケアを続ければ内側からシミができにくい丈夫な肌を作ることができます。

美白ケアは体の内側と外側から続けるようにしましょう!

[ 健康食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング