紫外線をブロックするにはグローブと日傘があれば大丈夫?

photo credit: my parasol via photopin (license)
photo credit: my parasol via photopin (license)

日焼け止めクリーム、グローブ、日傘などは、美白をキープしたいと考える女性の必須アイテムですね。

中でもグローブや日傘には洗練されたファッションを取り入れたデザインのものが多く、洋服とコーディネートして楽しむこともできますね。

では、このようなグローブや日傘を使用すれば日焼け止めクリームを使用しなくても大丈夫なのでしょうか?

結論からお話しますと、大丈夫ではありません。

グローブや日傘の素材を考える

まず、グローブや日傘の多くは布製、もしくは化学合成物質、布と化学合成物質の混合で製造されているのではないかと思います。

そして、これらの製品の中には、もともと紫外線を遮断する効果に優れた材質のものがありますが、色や柄によっては紫外線をわずかながらでも通過させてしまうものもあります。

ですが、同じ材質で製造されていても、“UVカット加工”、“紫外線ブロック加工”などの表示がある製品に於いては、およそ90%の確率で紫外線をカットする能力を持っていると考えることができます。

つまり、グローブや日傘の中には紫外線カットの効果が弱いものがあるため、UVカット加工されていない製品の使用で日焼けをする可能性があるということです。

日焼け止めクリームの必要性について

じゃあ、紫外線をブロックする効果のあるグローブや日傘でガッチリガードすれば、日焼け止めクリームを使用しなくても、紫外線からお肌を守ることができる?

いいえ、それは間違いです。

というのは、グローブや日傘だけでは足元のアスファルトから反射してくる紫外線をブロックすることができないからです。

つまり、無防備になっている足はもちろんのこと、露出している首やデコルテラインが足元からの照り返しにより、日焼けしてしまう可能性があるということですね。

日焼け止めのベタベタがイヤ! どうすればいい?

日焼け止めをお肌に塗ると、汗や皮脂と混じってどうしても多少のべたつき感が現れてきます。

これがどうしてもイヤだというのであれば、クリームではなくローションタイプの日焼け止めに切り替えてみてはいかがでしょうか?

それでもダメだというのであれば、少々面倒でも数時間ごとにデオドラントシートなどでべたつき部分を拭き取り、再度日焼け止めローションをつけ直すという方法があります。

日焼けを我慢するのか、べたつきを我慢するのかはあなた次第ですが、のちのちになって肌トラブルが発生しやすい日焼けは、なるべくであれば避けておくことをオススメします。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング