家でできる毛穴の奥の汚れをとるクレンジング法

photo credit: Strawberry via photopin (license)
photo credit: Strawberry via photopin (license)

気になる毛穴の汚れ、どうやってオフしていますか?

毎日キチンと洗顔していても、毛穴の奥の汚れはなかなかとれないもの。

クレンジング剤を長時間、肌の上でクルクルとなじませてしまう人もいますが、肌の負担が大きいためおすすめできません。

洗浄力の強いクレンジングを長時間行ったからといって、毛穴の奥の汚れはとれないのです。

では、どんな方法がいいのでしょうか?

エステに行かずとも、お家で毛穴ケアができる方法をご紹介します。

毛穴クレンジングの前準備

毛穴はまずは開かせるのがポイントです。

では、毛穴を開かせるためにはどうするべきか?

答えは顔を温めることです。

冷やすとキュッと引き締まる毛穴は、温めることで開きやすくなります。

まずは電子レンジや蒸し器で蒸しタオルを作り、首に巻きつけます。

熱めの蒸しタオルを顔に直接かけるのは、肌にとっては負担になります。
まずは首を温めて、顔の温度をゆるやかに上げておき、熱くなりすぎない蒸しタオルを顔にのせるようにしましょう。火傷には充分に気をつけて行ってください。

首や顔を温めている間に器にお湯を入れ、クレンジング剤を容器ごと湯せんで温めます。

同時に手も温めておくと、より温め効果が上がります。

クレンジングは時間勝負!

顔にのせた蒸しタオルを取り、温めたクレンジング剤を塗布します。

手早くサッと顔に広げ、毛穴の気になる箇所のみ優しくクルクルとなじませてください。

3分以内にこの動作を終え、後はぬるま湯で流しましょう。

短時間のため、少し物足りなく感じるかもしれませんが大丈夫です。

温めている間に毛穴が開き、汚れが浮き出てきているため、クレンジングはその汚れを吸着させるだけで充分です。

長くクレンジング剤を顔にのせておく方が負担がかかるため、軽くなじませて洗い流してしまいましょう。

毛穴クレンジングの後は

クレンジング剤は流水で落としきらなくても大丈夫です。ある程度ぬるま湯で流したところで、洗顔料を泡立てて洗顔しましょう。

クレンジングの油分は、この洗顔料で洗ってしまいます。
最後は冷水で冷やし、タオルで水分を取った後は化粧水でパッティングしてください。
開いた毛穴は、キチンと閉じておかなければいけません。

汚れを取り去ったことで、毛穴が開きにくくなり、キュッと引き締まりやすくなります。

ポイントは顔や手、クレンジング剤を安全に温めることと、手早くクレンジングすることです。

肌に優しく、効率よく毛穴の汚れを取り去ることができます。

ダラダラ洗顔よりも効果がありますので、是非試してみてください。入浴の際に行うのもおすすめです。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング