化粧品の消費期限について!あのコスメは実は3か月しかもたない?

photo credit: Miles of makeup at Sephora via photopin (license)
photo credit: Miles of makeup at Sephora via photopin (license)

皆さんは日ごろ使用している化粧品の消費期限をご存知ですか?

日本で販売されている化粧品には消費期限についての記載がありません。

これは薬事法で「未開封の状態で3年以内に品質が変化するもののみ消費期限を記載すること」と義務付けられているためです。
しかし化粧品のすべてに製造年月日が表記されているわけではありません。

では化粧品とはどのくらいの期間、使用できるものなのでしょうか。

開封後は半年から1年、できるだけ早く使い切る!

ヨーロッパではどんなに小さなハンドクリームでも歯磨き粉でも必ず、小さな入れ物のフタが空いた絵に「6M」「12M」などと表示されています。
これはそれぞれ、開封後6か月、12か月が使用期限という意味になっています。

これに対して日本の化粧品には製造年月日が書いていないことがほとんど。

ロット番号などで日付が確認できるものもありますのでパッケージをよくチェックしてみましょう。

  • 化粧水や乳液、美容液などは開封後半年を目安に使い切ること。
  • ファンデーションやおしろいなどは1年以内に使い切りましょう。

化粧品は未開封の状態であれば、製造日から3年は持つことになっていますが、製造年月日の記載のないものはなるべく早く使うようにしましょう。

使用期限の観点から考えると、コスメはあまりまとめ買いしないほうがよさそう。

また海外のブランド化粧品をセール価格で販売しているサイトの中には使用期限の切れたものを販売しているところもあるので、あまり安いショップは要注意です。

実は3か月しかもたない?あのコスメ

コスメアイテムの中には開封後、半年もたないものもあります。

例えば、マスカラ。
マスカラは開封したら1か月から最長3か月で使い切るのがベストです。

よくマスカラを使うときにシャカシャカと何度もブラシを往復させる人がいますが、こうすると中身が空気に触れて酸化しやすくなるのでやめましょう。
アイシャドウも開封から3か月以内に使い切るのがベストと言われています。

そんなのムリ!という声が聞こえてきそうですが、アイシャドウは目の粘膜付近に使用するため、古いものは使わないようにしなければなりません。

またチップやブラシもこまめに洗うようにしましょう。

油分が入っているアイテムは酸化しやすいと心得る

またリキッドファンデーションも酸化しやすいアイテムです。

少量しか使用しないので、半年では使いきれない…ということも多いと思いますが、容器のフチが手に触れる可能性があるアイテムなので雑菌が繁殖しやすいということもお忘れなく。

開封から半年を過ぎたものは潔く捨てるようにしましょう。日焼け止めも同様です。

口紅やグロスもドロッとしてきたり、匂いが変化してきたら変えどき。唇に直接、触れるアイテムなのでこちらも半年を目安に使い切るようにしたいもの。
はじめから量の少ないものを購入するといいかもしれませんね。

女性をキレイに見せてくれるための化粧品で肌荒れやトラブルを起こすのは悲しいこと。

化粧品も使用期限を守ってフレッシュなものを選ぶようにしましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング