脱毛のレーザーと光の違い!脱毛方法とその効果

[更新]  /  [公開] 2015年6月18日

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

もはや常識になりつつある、脱毛サロンでのムダ毛の処理。

昔に比べて料金がずっと安くなってきたため、自己処理はやめて脱毛サロンに通っているという方も多いのではないでしょうか。

現在、プロの手に任せる脱毛方法は大きく分けて

  • 針脱毛(ニードル脱毛)
  • レーザー脱毛
  • 光脱毛

の3種類があります。

それぞれの脱毛方法の違いについて考えてみましょう。

メリットもある!針脱毛

今、針脱毛を行っているクリニックはどんどん減ってきています。

理由は施術時の痛みが激しいことと、時間がかかること。
針脱毛はムダ毛を1本1本毛根から処理していくため、確実に脱毛できる反面、施術者の技量によって結果が左右されたり、料金が高くなるというデメリットがあります。

しかし針脱毛にはメリットもあります。

レーザーや光脱毛で処理しきれなかった人が、最終的に針脱毛を選ぶ…ということもあるのです。

針脱毛はレーザーに反応しない白髪も確実に脱毛でき、日焼けした肌や色素沈着を起こした肌でも施術を受けることができます。
そしてなにより確実に永久脱毛することができるのが特徴でしょう。

「ムダ毛に白髪なんてない…」という方も、30代後半になるとデリケートゾーン、特にIラインに白髪が生えてくることが多くなるということを覚えておきたいもの。

アンダーヘアの白髪は女子力の低下に直結するので確実に脱毛したい人には針脱毛は最適と言えるでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛の違いって?

医療機関で行われているレーザー脱毛と光脱毛の脱毛のしくみはどちらも同じ。

ムダ毛の黒い色に反応する特殊な光を肌に当てて、ムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛するという方法です。

2つの違いはどこにあるのかというと、光の出力量にあります。

レーザー脱毛のパワーは光脱毛よりも強く、脱毛効果も高くなっています。そのため医療従事者が施術しなければならないことになっているのです。

また医療機関であれば万が一、肌トラブルが起きたときでもすぐに対応できます。

これに対して光脱毛はレーザー脱毛よりも光の出力量が弱く脱毛効果では若干劣るものの、光を拡散して広範囲にあてることができるため、面積の広いパーツでも比較的短時間で施術することができるのです。

さらに光脱毛の光はフォトフェイシャルに使用されているものと同タイプなので、自己処理でダメージを受けた肌も施術を受けることで徐々に透明感を取り戻していくというメリットもあるのです。

ただしレーザー脱毛や光脱毛で完全な永久脱毛をすることはできません。

特に脱毛サロンの脱毛は「自己処理をしなくても気にならないレベルまでムダ毛を減らしていく」ということを目的にしているもの。

将来的にムダ毛が生えてきたときのために、回数無期限で利用できるコースを用意している脱毛サロンもあります。

脱毛サロンは価格が安く、毎月習い事感覚で通えるところもあります。

通うペースは1~2か月に1回、痛みや肌が受けるダメージもほとんどないので、脱毛初心者の方にもオススメです。

医療用レーザーの湘南美容外科公式サイト

[ 脱毛エステサロン ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング