キレイ&崩れない肌を叶えるフェイスパウダーに夢中!

photo credit: Sherry Photography Creative Commons via photopin (license)
photo credit: Sherry Photography Creative Commons via photopin (license)

メイクの中で最も大切なのが、キレイな肌を作るベースメイクですよね。

ベースメイクというとまずはファンデーション選びに注目してしまいがちですが、大事にして欲しいのが「フェイスパウダー」です。
フェイスパウダーを使うか使わないかで、メイクの仕上がりは断然違ってきます。

フェイスパウダーの魅力について、改めて紹介したいと思います!

フェイスパウダーは、最も油分が少ないファンデーション!

フェイスパウダーはファンデーションの1種で、その中でも一番油分が少ないものです。

おしろい、とも呼ばれます。

フェイスパウダーには粉タイプのルースパウダーと、固形のプレストパウダーがありますが、プレストパウダーと固形のファンデーションって同じように見えますよね。

固形のパウダーファンデーションは他のファンデーションに比べて少ないですが、油分を含んでいます。

そのため、肌にのせるとしっとりとする感触があるはずです。

フェイスパウダーはその商品にもよりますが、油分は使っていない、もしくは少量しか入っていません。

プレストパウダーは、粉に圧力をかけてぎゅっと固めただけのものです。

ルースパウダーと大きな差はありませんので、持ち運びするしない、使い心地など好みに合わせて選べばよいでしょう。

何のためにつける?

ファンデーションは肌色や凹凸を均一に整えるために使い、フェイスパウダーはメイクの仕上げに使うというのが一般的です。

フェイスパウダーを使うメリットとして、例えば以下のようなものがあります。

●化粧崩れを防ぐ

フェイスパウダーを使う一番の目的は、ベースメイクが崩れにくくなることと言えるでしょう。

フェイスパウダーは油分を含まないので、皮脂・汗を吸収することでファンデーションの持ちをよくしてくれます。

●ベースメイクの仕上がりが1ランクアップする

ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを乗せて整えると、ファンデとお肌に自然な一体感が出て、透明感もアップします。

シミやくすみなどの肌悩みをファンデーションやコンシーラーでしっかり隠した後に、ナチュラルに美しい肌を演出してくれるのがフェイスパウダーです。

●毛穴が気になるときにも!

毛穴が目立って気になるときは、ついついファンデーションをたくさん塗ってしまいたくなりますが、それはNG。

どのファンデーションにも言えることは、「厚塗りしない」ということです。

毛穴が気になってもファンデーションは薄塗りにして、最後にフェイスパウダーをのせれば光の拡散作用で毛穴が目立たなくなります。

パフでつける?ブラシでつける?

フェイスパウダーはパフ、もしくはブラシでのせるのが一般的です。

それぞれ仕上がりが違うので、その日のメイクや肌悩みに合わせて使い分けましょう。
パフもブラシも、こまめに洗ってキレイな状態で使うのが大切です。

こんなときはパフ!

  • 汗や皮脂によるメイク崩れを防止
  • カバー力をアップさせたい
  • マット肌にしたい

こんなときはブラシ!

  • 毛穴が気になる
  • ナチュラルに仕上げたい
  • ツヤっぽい肌にしたい

パウダーファンデーションの“前に”のせる!

リキッドやクリームタイプのファンデーションの仕上げに使う機会が多いフェイスパウダーですが、パウダーファンデーションと組み合わせるのもおすすめです。

一緒に使う場合は、下地の後にフェイスパウダーを乗せるのがコツ。

こうすることで肌表面がさらっとするのでその後のファンデーションがのりやすく、時間が経っても化粧崩れしにくくなります。

フェイスパウダーを上手に使うだけで肌の魅せ方は大きく変わります。
ベースメイクの仕上がりに悩んでいる方はぜひ、フェイスパウダーを活用してくださいね!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング