ニキビが出来たらメイクはどうする?ニキビを早く治すメイクのポイント!

photo credit: Summer sun! via photopin (license)
photo credit: Summer sun! via photopin (license)

おでこに、アゴに、ほっぺたに…ニキビが出来たときのメイクはどうしていますか?

ニキビが出来てしまったときも、ある程度はメイクをした方が悪化を防いだり、治りを早くすることが出来ると考えられます。

特に、ニキビがあろうがなかろうが毎日メイクをしなくてはいけないという方に知ってほしい、ニキビ肌のメイクにおける注意点をまとめました!

ニキビがあるときはメイクをしない方がいい!?

ニキビの上にメイクをすると治りが悪く、悪化してしまうと言いますよね。

その理由には大きく2つあり、

  • メイクをすることでニキビに触れてしまうこと
  • 化粧品の成分がニキビを悪化させてしまう場合がある

ということです。

でも、だからと言って何のメイクもせずに1日を過ごせば良いということでもありません。

紫外線が肌に悪影響を及ぼすことは当然知られていますよね。
紫外線を浴びることで毛穴詰まったり、皮脂を酸化させてしまうので、ニキビが出来たり、治りにくくなってしまいます。

そのため、外出したり日の光を浴びることがあるなら日焼け止めの意味で多少のメイクをしたほうがニキビの治りが早くなると考えられるのです。

ファンデーションはパウダータイプ!

ニキビがあるときのベースメイクは、UV効果のあるフェイスパウダーのみに抑えておくのが理想です。

ミネラルファンデーションも肌に負担が少なく、クレンジングも簡単なのでニキビ肌におすすめです。

ただ、どちらの方法もカバー力が少ないのできちんとしたメイクが必要という日には不向きです。

きちんとメイクしたい場合のファンデーションは、クリームタイプやリキッドはお休みして、半練りタイプやパウダータイプのものをチョイスしましょう。

リキッドタイプのファンデーションは油分が多いことと、肌への刺激が強いのでニキビが出来ている肌には向いていません。

油分によってニキビ菌が増えてしまいます。

“ノンコメドジェニック”の化粧下地を選ぶ!

ベースメイクの持ちを良くしたり、肌のカバー力を高めるために化粧下地を使いたい場合もあるでしょう。

日焼け止めや化粧下地を選ぶ際は、オイルフリーのもの、もしくは油分が少ないものを選ぶようにするのが大切です。

“ノンコメドジェニック”と記載されている化粧品は、ニキビや吹き出物を悪化させないという意味なので化粧品を選ぶ際にチェックしてみましょう。

ニキビ肌向けの化粧品ラインで探すというのもいいですね。

大人ニキビケアでおすすめの化粧品

コンシーラーはなるべく使わないで!

ニキビを隠すためにコンシーラーを使う人も多いと思いますが、コンシーラーを塗る際にニキビを刺激してしまいやすく、油分も多いので悪化してしまうことがあります。

ニキビ跡をカバーするためには有効なコンシーラーですが、今まさに出来ているニキビには出来れば避けた方が良いでしょう。
パウダータイプのファンデーションを優しくのせる程度にしましょう。

人前に出る仕事をしているなどどうしても隠したい場合は、スティックタイプのコンシーラーが油分が少ないのでおすすめです。

ポイントメイクで視線をごまかす!

出来てしまったニキビを隠すことよりも、他の部分に視線を向けることでニキビを目立たなくするメイクがおすすめです。

メイクでニキビを隠したい!けど、悪化も怖い!どうする??

ナチュラルに見えるメイクは素肌・ベースメイクの美しさが重要になるのでニキビがある間は少しお休みします。

アイシャドウやマスカラをばっちり使ったり、赤や濃いピンクなどリップカラーで遊ぶなど、ポイントメイクをきちんとすればニキビが目立たなくなります。

ニキビ自体に負担をかけすぎずに、視線を外すメイクテクを意識してみてくださいね。

キレイ&崩れない肌を叶えるフェイスパウダーに夢中!

 

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング