夏の乾燥肌の原因!紫外線とエアコン対策が重要

photo credit: Peach fuzz via photopin (license)
photo credit: Peach fuzz via photopin (license)

夏の乾燥肌、その原因は紫外線だった!

秋冬で乾燥しているわけでもないのに、なんだか肌がカサカサしている…そんな経験はありませんか?

肌が乾燥しやすい人というのは、実は夏でも冬でも関係ないものなんです。
では、なぜ空気が乾燥しているわけでもないのに夏でも肌が乾燥してしまうんでしょうか?

夏の暑さで肌は汗でベタベタしているのにもかかわらず、肌が部分的に乾燥してしまっているという方は、実は意外と多いもの。

その原因の多くはズバリ、紫外線です。

紫外線は肌に当たるとシミやそばかすの原因になってしまう!というイメージがありますが、それだけではなかったんです。

SPF値やPA値が高いものほどイイ?シーンに合った日焼け止めで紫外線対策のススメ

紫外線が肌にもたらす恐ろしい変化とは?

夏に限らず、紫外線が肌に当たってしまうといろいろな変化があらわれてしまいます。

たとえば、前述のようにシミやそばかすができてしまったり、シワの原因にもなってしまいます

そして気になるのが、肌の乾燥です。

紫外線が当たると、肌の表面だけでなく実は肌の内部にまで入り込んでしまいます。

この侵入から肌を守るためにできるのがシミやそばかすというわけなんですね。
ただ、シミやそばかすなどでガードしたとしても、紫外線は熱を持っているのでどんどん肌内部の水分を奪っていってしまいます。

これによって、のちに肌が乾燥してくる…ということにつながってしまうんです。

ですから、紫外線対策をするということはシミやそばかす対策だけでなく、肌の乾燥も予防することになります。

年中そうなのですが、夏場は特に紫外線量が多く肌への負担が大きくなってしまうところ。

できるだけ紫外線をカットして、美しい肌を保ちましょう。

朝、昼、夕方・・・紫外線が強い時間帯と多くなる季節!

夏の乾燥、エアコン対策をお忘れなく!

また、夏といえばもうひとつ忘れてはならないのが冷房です。

エアコンの風というのは暖房ではなくても肌にとっては乾燥してしまう原因で、刺激がとても強いものです。

暑いから…といってエアコンの風にじかに当たってしまうのはよろしくありません。

もちろん、扇風機の風でも同じことが言えますから、暑くても肌の乾燥のことを考えると直接風に当たる…というのは避けておきましょう。

夏には紫外線やエアコン、汗など肌にとって負担となるものがたくさん。

乾燥が気になるという方はこれらのことに気をつけて対策をしてみてくださいね。

海や山、フェスにキャンプ!本格的な夏に向けて紫外線対策のおさらいを!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング