コラーゲン、ヒアルロン酸の違いと摂取の仕方

photo credit: Kusthalle Bremen004920130526 via photopin (license)
photo credit: Kusthalle Bremen004920130526 via photopin (license)

美肌成分の正しい働きとその効果って?

美肌成分…といえば、みなさんはどういったものをイメージするでしょうか。

野菜やフルーツにたっぷりと含まれているビタミン類をはじめ、ぷるぷる肌を連想させるコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなども最近では注目されています。

こういった成分は、女性なら誰もがたっぷりと体に取り入れたいものですよね。

ですが、それぞれの効果を果たしてきちんと理解しているでしょうか?

サプリメントなどで体の内側から摂取した方が良いもの、化粧水やクリームなどで肌の外側から塗って取り入れた方が良いものなどさまざま。

それぞれの成分をより効果的に摂取していくためにも、それぞれの美肌成分が普段どういった働きをしているのかを知っておきましょう。

コラーゲン&ヒアルロン酸の効果的な摂取の仕方って?

まず、コラーゲンから。

非常にポピュラーな美肌成分ですが、美肌だけでなく健康成分としても注目されています。

そもそもコラーゲンというのはもともと私たちの肌の中や脳、関節の中などいろいろなところで働いているものです。

肌の中では真皮というところにいて、これは肌表面から見て3層目の深いところにあります。

肌の中では複雑な繊維状になっていて、これがクッションのように肌の弾力を作り出しているため、コラーゲン不足になると肌のハリが失われてシワの原因にもなってしまいます。

美肌の鍵!コラーゲンの増やし方。「塗る」「摂取する」どちらが良い?

次に、ヒアルロン酸。

こちらももともと体の中にある成分で、肌や脳、軟骨の中などにたくさん含まれています。

ヒアルロン酸も肌の真皮の中に存在していると言われていますが、分子が大きいためコラーゲンのようにはなかなか浸透しにくいというものになっています。

最近ではサプリメントなどで経口摂取もでき、経口摂取を続けることによって肌の水分量が増えたということが報告されているんだとか。

抜群の保湿力!ヒアルロン酸は超乾燥肌におすすめ

コラーゲンは化粧水などで塗って外側から摂る、ヒアルロン酸は経口摂取で内側から摂るようにしておくと良いでしょう。

また、コラーゲンですがこちらは肌のハリや弾力を保つだけでなく、保湿効果に加えて、髪や爪を健やかに保つという効果もあると言われています。

コラーゲンは化粧水などの美容アイテムだけでなく、鶏肉の皮やフカヒレをはじめとした食べものなどにもたくさん含まれているので、割と摂取しやすいということなんですね。

そして、コラーゲンを体の中で作るために必要なビタミンCも併せて摂取するとより効果的。

コラーゲンやヒアルロン酸などの成分は世の中にありふれていますが、このように本当の効果や働きを知ったうえで肌に取り入れていってみてはいかがでしょうか。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング