美しく豊かな髪をキープするための食べ物と成分について

photo credit: An oyster via photopin (license)
photo credit: An oyster via photopin (license)

女性の誰もが憧れる、ツヤとボリュームのある髪。

年齢を重ねても、髪が美しい人はそれだけで若く見えますよね。美しい髪をキープするには外からのケアだけではなく、内側からのケアも必要です。

「高価なシャンプーやトリートメントを使っているけれど、髪のコンディションがいまいち…」という方は髪にいい栄養素がきちんと摂れているか普段の食事を見直してみましょう。

キャリアオイル、卵黄、ハチミツでできる手作りトリートメントの作り方!

まずはたんぱく質と亜鉛!

髪にいい栄養素といえば、一番に思い浮かぶのが昆布やワカメといった海藻類ではないでしょうか。

しかし実際にそれよりも大切な栄養素があります。

それが、たんぱく質と亜鉛です。

毛髪の99%はたんぱく質の一種であるケラチンで構成されています。

たんぱく質は毛髪や肌、爪を構成している成分で、不足すると髪がスカスカになったり、爪がもろくなることも。

良質なたんぱく質は肉や卵、魚介類、乳製品や豆類などに豊富に含まれています。
  • ダイエット中の方は不足しやすい成分なので鶏肉や白身魚、卵の白身などカロリーの低いものを選んで意識して摂るようにしましょう。
  • また亜鉛はたんぱく質の合成に必要な成分で、新陳代謝のサイクルが早い髪や爪を正常な状態に保つのにかかせません。

育毛を促してくれる成分なので髪が伸びるのが遅い、抜け毛や薄毛が気になるという場合にもオススメです。

亜鉛はカキやホタテ、うなぎ、そばやゴマ、きな粉などに含まれています。

ビタミンB12も忘れずに!

造血ビタミンとも呼ばれるビタミンB12も健康で美しい髪を維持するのに欠かせない栄養素です。新陳代謝にも欠かせない成分ですが、動物性の食品をあまりとらない人は不足しやすい成分なので注意しましょう。
ビタミンB群はグループで働く栄養素なので、普段バランスの取れた食事をしていないという方はマルチビタミンのサプリメントで補ってみてもいいでしょう。

髪は体の末端にあり、生命活動に関与しないため食事から摂った栄養が後回しにされがちなパーツでもあります。

髪にいい栄養素をとっても一朝一夕に効果が出ることはありませんが、気長に続けていけば丈夫で美しい髪が生えてくるのを実感できるはずですよ!

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング