骨盤矯正のアンチエイジング効果

[更新]  /  [公開] 2015年3月7日

220_mv「腰」という字は「要(かなめ)」と入っているだけあり、身体を支えるパーツのうち最も重要なものになります。

背中が丸くて姿勢が悪い、肩や首がこって頭痛がひどいといった身体的トラブルは、放っておくと身体全体をゆがませ背中やお腹に取れないムダ肉をつける原因になります。

「背骨」「肩」「首」といった部分的な痛みと感じますが、根本的に「骨盤がゆがんでいる」と末端でさまざまな歪みを引き起こしていることがあるのです。
もちろん、腰痛も骨盤が歪むことで起こります。

骨盤が歪む副作用

骨盤がゆがんでいると血流が悪くなり、痩せにくい体質になります。

身体がゆがむことでつきやすい贅肉は、背中やお腹といった「老けて見える」場所になります。姿勢をよくして、ムダなお肉を落とせば若返った見た目になります。

また、また、骨盤のゆがみが原因で、他の部分にもゆがみが影響します。見た目にスタイルが悪くなるだけではなく、体調の不良も引き起こします。

肩こり偏頭痛・耳鳴りといった症状の原因になるほか、顔のゆがみも元を正せば腰が原因というケースも出てきます。

見た目に大きくかみ合わせがずれていなくても、顎関節(がくかんせつ)に痛みが走るなど、生活に支障が出てきます。

美容だけではない骨盤の重要性

原因のわからない不調も、原因が腰にある場合もあります。腰痛持ちの方はもちろんのこと、腰の痛みに自覚が無くても左右で足の長さが2センチメートル違うほどゆがんでいる場合もあるので、プロに見ていただくことをおすすめします。

また、女性にとって妊娠・出産は骨盤の試練になります。ゆがんだ骨盤で妊娠すると、赤ちゃんの生育に影響するだけではなく、妊娠後期に胎児と羊水で重くなっていくお腹を支えることが厳しくなります。

そして、無事に赤ちゃんを出産したものの、骨盤の伸縮が悪いと、骨盤がガタガタで激痛が!産後、ロキソニンが無いと寝返りもうてない、赤ちゃんを抱くどころか、トイレに行くにも痛みに耐えながら壁づたいにのろのろ歩く…という事態に陥ります。

出産そのものとは別個に、骨盤にトラブルがあると産前産後の痛い事態が増えます。

ダイエットや見た目だけではなく、女性の人生において「腰」は常に健やかに保っておいたほうが良いでしょう。

骨盤矯正の方法とは

骨盤を矯正する方法は「自分で」「器具を使って」「整体院・整骨院に行く」という方法があります。

予防は「自分で」出来ますが、既にトラブルが発生している場合や、感覚として「良い状態」がわからない場合は、プロの手を借りることをおすすめします。

今、自分の腰がどのような状態で、どうすればいいかアドバイスを受けることが出来ます。

美容やリフレッシュを目的としたマッサージは全額自己負担ですが、重いものを持とうとしたり、無理な動作で「痛み」を発生させた場合は健康保険適用になります。保険が使えるかどうかは、店舗毎に異なるのでご確認ください。

[ アンチエイジング ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング