ニキビの原因・アクネ菌ってどんなヤツ?対処法は?

photo credit: Self-portrait via photopin (license)
photo credit: Self-portrait via photopin (license)

ニキビ=アクネ菌が原因って本当?

みなさんの肌にはニキビってありますか?

ニキビができてしまう原因というのは、多くの方がご存知のように「皮脂」にあります。
脂ぎったテカテカの肌は、毛穴から分泌された余分な皮脂がたくさん。

この皮脂をはじめ、古くなって剥がれた角質や汚れなどが毛穴に詰まって固まり、そこから炎症を起こして赤いニキビへと変化してしまいます。

つまり、この皮脂などの固まりがニキビの原因…ではあるのですが、この固まりを炎症させてしまうもうひとつの原因が存在します。

それは「アクネ菌」です。

ニキビ用ケアの商品を見ていると、「アクネ菌をやっつける」というキャッチコピーがよく見られますよね。

ニキビができてしまう二大要因として、皮脂とこのアクネ菌の存在が挙げられます。

では、アクネ菌というのは具体的にどんな菌で、ニキビにどのように関わっているのでしょうか?

“塩”と“砂糖”で作る効果バツグンの手作りスクラブレシピ

アクネ菌は誰の肌にもいつもいる!?

アクネ菌というのは、ニキビができやすい方にとっては非常に嫌な存在となっていますよね。

しかし、実はアクネ菌はどんな人の肌にも当たり前のようにいるものなんです。

普段は特に何も悪さはしないのですが、じゅうぶんに洗顔ができていなかったり、皮脂が必要以上に分泌されて毛穴に詰まってしまうとアクネ菌が現れます。

なぜかと言うと、アクネ菌の好物がズバリ皮脂であるからです…。

皮脂詰まりがあるとアクネ菌が現れて、皮脂をエサとしながらどんどんその数を増やしていってしまいます。

そうすると、急激にアクネ菌が増えてしまったことを感知した体が「ピンチだ!」ということで、白血球の精鋭部隊をそこへ送ります。

そしてアクネ菌と白血球の戦争が起こり、これが炎症となって肌表面に現れるわけです。
これが、赤くて痛みが強いあの赤いニキビの正体です。

アクネ菌退治より、毛穴詰まりの解消を!

このように、アクネ菌はもともと特に悪さをするような菌ではなく、あくまで誰の肌にもいる菌だということがわかりました。

ですから、あくまでアクネ菌を退治するというよりもそもそも皮脂を毛穴に詰まらせないようにしていれば大丈夫だということになります。

どうしても“角栓”を取り除きたい!詰まらない毛穴になる方法とは!?

余計な皮脂はこまめにオフ、洗顔は必要以上に行わないようにし、肌への刺激をあまり与えないようにする、洗顔料やシャンプーなどの泡はしっかりと洗い流す…

こういったひとつひとつのことを気をつけておけば、皮脂詰まりができにくくなるでしょう。

アクネ菌を必要以上に怖がるのではなく、ニキビは予防で防ぐことができるということをきちんと理解しておいてくださいね。

開いた毛穴を引き締めるスキンケアの方法と化粧品の選び方

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング