ニキビの進行ステップ!うっかり放置しておくとこうなる

photo credit: CandyDoll via photopin (license)
photo credit: CandyDoll via photopin (license)

ニキビ、もうイヤ!だからといって放置すると…?

一度できるとなかなか治らないニキビ。

  • スキンケアや洗顔を行っていても、なぜか次々とできてしまうニキビ。
  • メイクでなかなか隠せない赤みを帯びた痛々しいニキビ。

…そんな誰もがイヤになってしまうニキビですが、本当に「もうイヤ!」と、ケアを投げ出してしまいたくなりますよね。

では、実際にケアを投げ出してニキビをそのまま放っておいてしまうとどうなるのでしょうか?

自然に治ったりするのでしょうか、またはとんでもない状態になってしまうのでしょうか…ニキビのケアを怠るとどうなるのか、見ていきましょう。

自分でニキビを潰さないでっ!皮膚科でも治療できますよ

ニキビはクレーターに最終進化…もう治らない!?

私たちが普段「ニキビ」として認識しているのは、思春期の男の子によくできるような赤くてじゅくじゅくとしたニキビや、ぽつっとできてしまった赤いニキビですよね。

ですが、実はその前の段階として角栓が詰まった白ニキビや、それが酸化してしまった黒ニキビがあります。

そして、炎症を起こした赤いニキビ。

炎症が起こっているということは、ニキビの中で菌と退治役の白血球とが戦争を繰り広げているということ。

体の防衛反応が働いて、必死にニキビを治そうと頑張っている状態なんです。

しかし、それを放っておくと炎症が治まったころにはあたり一面焼け野原。

これがニキビ痕、デコボコのクレーター肌となってしまうわけです。

このニキビのクレーターですが、実は一度クレーターになってしまうとどんなに美容成分がたっぷりと含まれているスキンケアアイテムを使ったとしても、元通りに治すことはできません。

炎症が起こって皮膚がえぐられてしまっている状態なので、どんなに保湿や美容成分を送り込んでも復活しないのです。

白、黒、赤、黄・・・ニキビの種類と原因

クレーターもニキビも防ぐ!日頃のスキンケアを!

このように、ニキビを放っておくことによってすべすべ肌がデコボコ肌へと変化してしまい、さらにもとに戻すことができないということなんです。

クレーター肌を少しでも改善させるには、美容クリニックや皮膚科でのレーザー治療をはじめ、ケミカルピーリングなどを行っていく必要があります。

ニキビ跡を消すには?色素沈着やクレーターを治したい

少しでも美しい肌をキープするためにも、まずはニキビができないように肌環境を整えてあげることが大切です。

さらに、炎症が起こる赤ニキビになる前の段階である白ニキビ・黒ニキビの状態で対策をとっていきましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング