皮膚科でもらえるニキビの治療薬「レチノイド」とは?

photo credit: One a day via photopin (license)
photo credit: One a day via photopin (license)

皮膚科でニキビの治療!「レチノイド」ってどんな薬?

ニキビというのは、テレビCMなどでもおなじみのように「皮膚科で」治療を受けることができるようになっています。

自分でニキビを潰さないでっ!皮膚科でも治療できますよ

たかがニキビ…されどニキビ。

ニキビのためになかなか人前に出られないという方もいたり、自分に自信が持てなかったり、メイクやおしゃれが楽しめなかったり。

また、ひどいニキビのためにいじめが起こってしまうということもあるそうです。

そんなニキビは、自分での治療は限界がある…という場合が多いもの。

皮膚科に行けばニキビの治療は保険適用になるため、費用は実質三割負担で済むということなんです。皮膚科でのニキビ治療ですが、具体的にどういった治療を行うのかご存知でしょうか?

抗菌薬の飲み薬や塗り薬をはじめ、直接器具を使ってニキビの中の皮脂汚れに圧力をかけて取り出すという方法などがあります。

そして、もっとも一般的なのが「レチノイド」という薬を使う方法です。

このレチノイドは世界中で使われているニキビ専門の治療薬になっているのですが、いったいどんな薬になっているのでしょうか?

大人ニキビの治療にオススメの美容成分は

レチノイド=ビタミンA!早期治療できれいに治る!

そもそもレチノイドというのは、ビタミンAのこと。

ビタミンAが不足すると、肌のバリア機能が狂ってしまったり、皮膚や粘膜が硬く角質化してしまったり、乾燥や色素沈着を引き起こしてしまうと言われています。
  • 以前から夜盲症やくる病の治療薬として使われていたビタミンAなのですが、ニキビに効果的だという抗酸化作用を持っているということで、使われ始めました。
  • このレチノイドは最近になってニキビの世界共通の治療薬として使われるようになり、日本でも認可されました。
  • ニキビの治療にレチノイドを使う際には、まずニキビ・そしてその周辺に薬を塗ってニキビを抑えていきます。
これは、一般的に「ニキビ」と呼ばれる赤い痛々しいニキビのほかにも、その前の段階である白ニキビや黒ニキビにも使うことができるので、ニキビの炎症を食い止めることも可能になっているんです。

もちろん、これは他の治療方法と同じく保険適用になりますので、自己負担額も少ないままニキビの治療を行っていくことが可能です。

もうニキビ跡で悩まない!種類別のニキビ跡の治し方

皮膚科に行ってレチノイドなど適切な治療を受けることによって、ニキビは早く・きれいに治すことができます。

自分でスキンケアをするのはもちろんですが、やはり皮膚科で治療を受ければそれだけ早く治すことができるので、ニキビに悩んでいるという方は受診をおススメします。

ニキビ跡を消すには?色素沈着やクレーターを治したい

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング