ぱっちりな目は二重より視力回復が効果的

[更新]  /  [公開] 2015年3月4日

200_mv

 「カワイイ」を作るための「ぱっちりとした、おめめ」

マスカラもつけまつげもアイライナーも、二重手術も目をぱっちりさせるのが目的です。

しかし、いくら外から装飾しても、そもそも「目が開いていない」と意味がありません。目を開く力が備わっていないと、色々試しても「イマイチだなぁ」と感じてしまう結果になります。

目の基礎体力ともいうべき、「眼筋」と「視力」がぱっちりおめめにどう関係するのかまとめてみました。

視力の低下で目が開かなくなる

目を細めて見ると、ハッキリ見えるようになります。「ん?」と思うと、目を細めてじーっと見ていたりしませんか?

目に入る光を制限することで、ピントが合いやすくなるのです。しかし、眼球に余計な負担がかかると、眼球自体が変形したり角膜がよれて乱視になってしますのです。

本人が意識しなくても、見やすいよう無意識にやってしまうのがクセというものです。近視も乱視も見えづらく、負担が目の周辺にかかってしまう見方になり、変な癖がついてしまいがちです。

眉根を寄せるシワも眉間やひたいに出来るため、顔全体がゆがみます。そして、目を開くこと自体が、意識して見開かないと開けなくなってしまうのです。

目をぱっちりさせるためには

目がきちんと開いた状態を自然にし、半分しか開いていない状態を定着させないためには「目の健康」がとても重要です。

日常使用する適切な視力に満たない場合は、眼鏡やコンタクトレンズなどを使って視力矯正をします。見えないのに無理に裸眼でいることが、日常生活に支障をきたすだけではなく、眼球に無理な負担をかけ、顔をゆがめる原因になります。

また、季節的にホコリや乾燥、花粉によって目が開かない場合があります。点眼のほか、防塵のためのメガネ、まつげを強化することで目を守ることが出来ます。

ぱっちりは目の健康と無理のない環境があってこそです。

眼筋を鍛えて視力を上げる

視力は必ずしも失うものではなく、環境によって適応していくものです。パソコンやスマホの普及に限らず、そもそも9年の義務教育が目の能力を狭める環境で行われています。

数メートルの教室と手元のノート、10数メートル程度のグラウンド競技の体育…という、狭い範囲で正面だけ注視する日々が延々続けば、目は「数メートル先の正面前方」しか見れなくなってしまうのも道理なのです。

私たちの目は、本来両手を広げて前方に半円のような視界をもっています。体を動かさなくても、足元はつま先、上部は頭のてっぺんのやや手前、左右は横やや後ろまで見えるのです。

眼筋を鍛えることで、視力はついてきます。

眼球だけを動かして本来の視界の範囲をぐるりと見渡すことや、無理にピントをあわせようとせずキロメートル単位で遠くの景色を見たり、壁に顔を押しつけるように近くを見たり、可動範囲を広げながら遠近を鍛える眼球の運動をしてください。

鍛えられた眼筋に支えられることで、眼球は無理なく力を発揮し、自然と目を開けることができます。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング