見た目はノーメイク!本当にきれいに魅せるすっぴん風メイクの方法

photo credit: mi via photopin (license)
photo credit: mi via photopin (license)

話題のザ・すっぴんメイクってどんなもの?

メイクって、その時々で流行り廃りがあるものですよね。

春のトレンドは、流行の白に近いうっすらとしたベビーピンクのメイク。
そして、この夏のトレンドといえばすっぴん風…ではなく、ズバリ「すっぴん」メイクです。

これだけ聞くと何が違うの?と思いますよね。

これまでのいわゆるナチュラルメイクであるすっぴん風メイクといえば、ベースメイクはしっかりと作りこんでムラのないきれいな肌を作る…というのが定番でしたね。

しかし、今回のすっぴんメイクというのはすっぴんそのまま。つまり、ノーメイクという意味です。

海外の雑誌などでも、起き抜けの肌というのがブームになっているということで、非常に注目が集まっています。

休日のメイク変えてる?お仕事メイクをリセットするナチュラルメイクの作り方

厚化粧にならない!すっぴんメイクはきちんと肌作りも◎

…とはいえ、やっぱりシミやニキビ痕、そばかすや肌荒れなど、肌にはいろんなトラブルが潜んでいます。

そういったトラブルをしっかり隠すベースメイクがしたい!と思ったら、気になるところにはコンシーラーなどで部分的に修正をかけましょう。

ベースメイクにおすすめ!ベビーパウダーの使い方

これまでのようにがっつりとベースメイクを作りこむのではなく、気になる部分はしっかりカバーした上で、できるだけノーファンデで。
仕上げにルースパウダーをブラシで撫でるようにしてつける…というくらいでOKなんです。

これまでのすっぴん風メイクといえば、ベースメイクを作りこむあまり逆に厚化粧に見えてしまう…ということも。

しかし、今回のトレンドであるすっぴんメイクなら至近距離でもOK

男性が見ても厚化粧には見えませんし、ニキビ痕など気になる部分はしっかりと隠しているからきちんと感も感じられるんです。

メイクが上達するかもしれないちょっとした「コツ」とは

ただのすっぴんじゃダメ!自然な目力をプラスしよう

また、すっぴん風メイクにありがちなのが「やらなさすぎ」ということ。

もちろんアイラインはがっつりひかなくても良いのですが、やわらかい印象を与えられるブラウンのアイライナーを使って引いておくと、程よい目力をプラスすることができます。

同様に、アイシャドウもパールやラメの入っていないシンプルなブラウン系のものを目のキワに塗ると◎

アイラインやアイシャドウは一切なしでマスカラだけを丁寧に塗っておく…というのもおススメ。
  • アイラインを引くよりも縦幅が出るのでパッチリとした目になれますし、とても自然な見た目なのでナチュラルメイクにぴったり。
  • ナチュラルメイクとはいえど、何もしないというのは逆にきちんと感がなくて「ただのすっぴん?」と受け取られることも。

こういったポイントをおさえて、ヘルシーで魅力的なすっぴん風メイクをしたいものですね。

この春に話題拡大中!「二日酔い」メイクのやり方!

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング