家庭にある意外なモノでサロン並のヘアケアができる?

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

食べ物でヘアケア!?意外なものが役に立つ!

スキンケアをするとき、「これが良いの?」という意外な物を使ってケアをすることがよくありますよね。

安全性が高いカラーリングのヘナカラーにはデメリットが多い?

たとえば、ヨーグルトパックやきゅうりのパックなど、健康に良いとされる食べ物たちです。
実は、スキンケアと同じようにこれらのものはヘアケアにも利用することができるんだとか。
しかも、スキンケア同様に非常に効果が高いとも言われているんです。

それもそのはず、肌と髪(頭皮)は一枚の皮で繋がっているのですから、どちらにも良い効果が現れて当然だということですね。

では、ヘアケアをするのにどういったものがよりおススメなのでしょうか?またどうやって使っていけば良いのか、詳しい方法を見ていきましょう。

サロンより経済的でお手軽!しっとり髪のヨーグルトパック

まず、冒頭にもあったヨーグルトパックから。

ヨーグルトパックの作り方!肌が若返る驚くべき効果

髪の大部分はたんぱく質でできているのですが、ヨーグルトも良質なたんぱく質がたっぷりと含まれていますよね。

これが、髪のダメージを修復してくれる作用があり、さらに髪にうるおいも与えてくれるんだとか。

  • まずはプレーンヨーグルトを用意し、汚れを洗い流しておいた髪にたっぷりとつけて全体に馴染むように揉みこんでいきます。
  • そのまま15分ほど放置してからよく洗い流して、最後にシャンプー・コンディショナーで仕上げを。

乾かしてみると、しっとりとしたまとまりのある髪になっていると思います。

これは10日~2週間くらいの間隔で行うと髪のまとまりが良くなってきますし、サロンへ行ってトリートメントをしてもらうよりもはるかに経済的。

自宅で簡単に行えるほか、ベタベタしたり使いづらいということもなく、チャレンジしやすいヘアケアです。

うるツヤ髪に!はちみつパックでカンタンヘアケア

保湿効果が非常に高いと言われているのが、はちみつです。

よく言われているのが、唇にはちみつを塗ってからラップでパックするとふっくら・ツヤツヤの唇に…というリップパック。

これと同様に、髪にもはちみつパックをすることで髪にうるおいをたっぷりと与えられるほか、ダメージを受けて傷んだ髪を修復してくれるという嬉しい効果が。

手作り化粧品ミツロウハンドクリームでヘアケアもできる!

はちみつの約8割が糖分でできていて、さらにビタミンやミネラル分などもたっぷりと含まれています。

  • ビタミンやミネラルは髪のダメージを修復してくれる働きがあり、さらにはちみつの糖分は肌の調子を整えてくれる効果があります。
  • また、はちみつに含まれているビタミンB1は新陳代謝を促してくれるという作用があるため、頭皮の健康を促進するのにピッタリだということなんです。

こちらもどこでも手に入れることができますから、非常にお手軽にヘアケアができますね。

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング