美容の大敵、睡眠障害にはアロマオイルが効果的

[更新]  /  [公開] 2015年5月21日

皆さんは、アロマオイルを上手に活用していますか?

アロマオイルとは、香りによるリラックス効果を期待することのできるオイルで、それぞれが持つ香りにより、心身にさまざまな効能をもたらしてくれます。

ですが、アロマオイルの種類は本当に多く、ご自身にピッタリの香りがなかなか見つからない・・・という方もいらっしゃることでしょう。

そのようなときには、それぞれのアロマオイルが持つ効能に目を向けて、あれこれと試してみるというのではいかがでしょう?

美容の大敵、睡眠障害!

睡眠障害が起こる原因は人それぞれですが、精神的な興奮や緊張が睡眠を妨げている例が少なくはありません。

そのようなときに最もおススメできるのは、ラベンダーの香りです。
次いで、イランイラン、ゼラニウムでしょう。
それでは、この3種類の香りの効能について、もう少し詳しくご説明させて頂くことにします。

ラベンダー

鎮静作用があることで知られている香りです。なんでも、この香りは古代ローマの時代から人々に親しまれてきたのだとか。

精神的な興奮や緊張を解きほぐして、心身ともにリラックスした状態をつくり出します。
お休み前に、少量のラベンダーオイルをティッシュに含ませ、枕元に置いて下さい。

ラベンダーの優しい香りがあなたを包み、良質な睡眠へと導いてくれることでしょう。
また、関節痛や生理痛に対しても効果を発揮するといわれていますので、お風呂の浴槽に数滴垂らし、アロマバスを楽しんでみてもいいですね。

イランイラン

photo credit: Sexy Curls.. via photopin (license)
photo credit: Sexy Curls.. via photopin (license)

甘いやや強めの香りで、ストレスなどから起こる筋肉の緊張を和らげる効能を持っています。

また、不安感や恐怖感に対しても効果を発揮するといわれていますので、特に感情が不安定になって睡眠不足が起こりそうなときに使用すると良いでしょう。

ゼラニウム

自律神経のバランスを整える作用を持っているため、睡眠障害だけではなく、更年期障害の症状の緩和に役立ちます。

ややローズに似た香りが、あなたをリラックスモードへと導きます。

質の良い睡眠を得る為の4つのポイント

アロマオイルの注意点

アロマオイルは植物の抽出エキスを濃縮したものであり、原液ではかなり強い香りを放ちます。つまり、一度に多く使い過ぎてしまうと香りが気になって逆効果となることがあるということです。

アロマオイルを使用する際には、ちょっと少ないかな? と感じるレベルから使用し、お好みの香りの濃度を見つけて行きましょう。

また、アロマオイルは大変強い成分を含みますので、直接お肌につけることは避けて下さいね。

香水で肌のかゆみが起こる原因と解決方法

[ 特集 - 冷え性 ]

[ 冷え性 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング