安全性が高いカラーリングのヘナカラーにはデメリットが多い?

photo credit: Julius-Ismael-Salon-372 via photopin (license)
photo credit: Julius-Ismael-Salon-372 via photopin (license)

ヘアカラーは楽しみたいけど、頭皮の状態があまり良くないし、どうしよう?
これ、意外と多い悩みなんですよね。

市販されているヘアカラーには、殆どといっていいほど化学物質が配合されています。

美容院で行う酸性カラーにも化学物質が配合されており、これらの使用は色持ちが良いというメリットを持ってはいるものの、髪と頭皮の健康を優先的に考えるのであれば、なるべく避けておきたいところです。

では、100%天然植物性成分でつくられている、ヘナカラーではどうなのでしょうか?

ヘナカラーとは?

ヘナとは、インドなどに自生している植物で、古くから染料の材料として使用されてきました。

そのヘナが持つ色素成分を利用してヘアカラーを行うために製造されたのが、ヘナカラーです

現在では、粉末タイプのヘナカラーが数多く販売されていますが、その中には天然成分だけではなく、化学薬品が配合されているものもありますので、ヘナカラーを選ぶ際には、品質表示をきちんと確認して下さいね。

ヘナカラーのメリットとは?

100%天然植物成分でつくられているヘナカラーは、
アトピー性皮膚炎などのアレルギーをお持ちの方であってもアレルギー症状が起こりにくいといわれており、
低刺激性であるというメリットを持っています。

また、ヘナカラーを使用するごとに髪が丈夫になるともいわれ、特に髪の痛みが酷い方ほど、その効果を実感することのできる確率は高くなっているようです。

また、ヘナカラーは非常に安価で入手できるという点も、大きなメリットであるといえるでしょう。

ヘナカラーのデメリットとは

髪に塗布してから、長時間放置しなければ効果を感じることができないというデメリットを持っています。
そして、その放置時間の目安は約3時間

時間的な制約が多い方には、ヘナカラーでのカラーリングは少々難しいかもしれませんね。
また、色持ちがあまり良くないという声も挙がっているようです。

さらに、カラーバリエーションが少ない・・・。
ここまで聞いてしまうと、ヘナカラーでのカラーリングにはデメリットのほうが多いように感じてしまいますよね。

なにを重視するかが問題です

頭皮や髪が傷んでも酸性カラーを選ぶのか、放置時間が長くて色持ちが良くなかったとても、髪や頭皮への安全性が高いヘナカラーを選ぶのか。

どちらを選ぶのかはあなた次第です。

ですが現在、あなたの頭皮や髪になんらかのトラブルが起こっているのであれば、ものは試し、ヘナカラーを試してみるという選択肢も視野に入れてみる必要があるのではないでしょうか。

キャリアオイル、卵黄、ハチミツでできる手作りトリートメントの作り方!

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング