知らなかったらもったいない!美容液の効果

[更新]  /  [公開] 2015年5月19日

photo credit: 每天的瓶瓶罐罐 via photopin (license)
photo credit: 每天的瓶瓶罐罐 via photopin (license)

スキンケアを行う時、何を使用していますか?

化粧水、乳液、クリームという基本の手順のみの方も多いと思います。
そんな方に知ってほしいのが美容液のパワーです。

毎日のケアをレベルアップさせる指先スキンケア

美容液は他のスキンケアとどう違うのか?どんなことができるのか?
この機会に知っておきましょう。

美容液とはプラスアルファのケア

肌に悩みが生じた時に使用してみてください。年齢による肌悩みに効くのが美容液の特徴です。

化粧水よりも悩みに特化させた成分を高濃度に詰め込み、保湿クリームよりも水分の多い質感のため、肌の内部にも届きやすく作られています。

美白やくすみ、ハリや肌の艶感が欲しい人はもちろん、毛穴の開きやたるみが気になる人のための美容液もあります。

敏感肌の方のために使えるものもありますので、自分の悩みと肌質にあったものを選ぶといいでしょう。

美容液と化粧水の使う順番は?

基本的には化粧水で肌を整え、水分で潤いを与えた後に使用します。
肌を化粧水でやわらかくした後に、美容液を使用すると浸透感が増します。

美容液を塗布し、肌の表面が落ち着いたら乳液やクリームで保湿させます。
ただし、ブースター美容液という商品もあり、他のスキンケア用品の浸透力を高める働きをするものもあります。 

ブースター美容液の場合

洗顔後すぐに塗布し、その後に化粧水、乳液やクリームを使用します。

 他にも使用する順番や使用方法の異なる美容液はありますので、製品ごとに使用方法をよく確認しておいてください。

ブースター化粧品ってどんなもの?

美容液の効果的な使い方

悩みに応じてポイント的に使用するのもおすすめです。

例えば、美白なら顔全体に使用した後に、シミのできやすい目元や頬の高い位置に重ねづけをしましょう。

毛穴なら気になる小鼻や頬のみに塗布する、シワなら目元や法令線に塗布する方法もおすすめです。

美容液は一度に大量に塗布しても、肌に浸透しないまま表面で乾いてしまいます。
数回にわけて少量ずつ塗布する使い方がおすすめです。

美容液には高価なものも多いのですが、それはよりよい成分が凝縮されているためです。
悩みに特化していること、顔全面ではなくポイント使いでもできるため、価格相応のメリットが得られるのも美容液の特徴です。

使用したことのない方は、毎日のケアに取り入れてみましょう。
化粧水やクリームを変えるよりも分かりやすく、肌が変わるかもしれません。

人気のアスタリフトは本当に効果あるのか調べてみました[実体験レビュー]

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング