生理前にニキビができやすいのはなんで?

毎月毎月、女性のちょっとした悩みのひとつでもあるのが生理。
人によっては生理前になると体にさまざまな変化が起こるという方も少なくありませんよね。

これが生理中の肌荒れの原因に!やってはいけない3つのパターン

毎月の憂うつな生理…ニキビができやすいのはナゼ?

個人差がとても大きいのですが、生理前によくあるのが憂うつな気分になりやすかったり、イライラしたり、肌荒れしやすくなったりということ。

そして、よく聞くのが「生理前になるとニキビができやすくなる」ということです。

生理前になると…とは言っても毎月のことですから、そのたびにニキビができてしまっていてはとても困るもの。
では、なぜ生理前になるとニキビができやすくなってしまうのでしょうか?

生理前のニキビはすぐ治る!この時期だけと割り切って◎

そもそも生理がくるということは、妊娠がなかったために子宮内膜が剥がれ落ちて出血している…という状態。
ということは、その前に体の中で妊娠可能な状態に整えられているということです。

この状態を作るために体の中では排卵が起き、その後、黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。

この黄体ホルモンがちょっとやっかいで、むくみや肌荒れ、頭痛など生理前独特の不愉快な症状を引き起こしてしまうと言われています。

黄体ホルモンは皮脂の分泌をすすめてしまう働きをもっていて、このせいでニキビができやすくなってしまうということなんです。

また、黄体ホルモンは妊娠に備えて体を準備させていく働きももっています。
このため、体に水分をたっぷりと抱え込もうとするので、体のあちこちがむくみやすくなってしまうということなんですね。

しかしこれはこの時期特有の物ですから、生理になれば調子も復活します。

ですから、この時期だけ…とゆったりした気持ちでいることも大切。
ストレスに感じれば感じるほどまたホルモンバランスも崩れてしまいますし、ストレスもまた皮脂の分泌を促進させてしまうと言われています。

この時期には脂っこい食事を避けたり、皮脂の分泌を抑えてくれるビタミン類を積極的に摂るように心がけてみてくださいね。

もうニキビ跡で悩まない!種類別のニキビ跡の治し方
ニキビ肌にこそ必要な自分に合った「保湿の蓋」の選び方
大人ニキビを予防・改善する食事とは

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング