紫外線の恐怖から肌を守るには紫外線の種類を知ろう

日に日に暑くなっていくこの季節、多くの方が気になっているのが紫外線です。
みなさん、実は紫外線とは言っても種類があるのをご存知でしょうか?

朝、昼、夕方・・・紫外線が強い時間帯と多くなる季節!

紫外線の種類って?肌を守るには?

紫外線にはA波・B波・C波という3種類があって、このうちC波は地球を守っているオゾン層によって通り抜けることができないので、日焼けとは直接関係ないと言われています。

ただ、C波はもっとも大きな破壊力を持っているため、地球温暖化などによってオゾン層の破壊が進むととても危険な状態になると言われています。

さて、一般的な紫外線と呼ばれているA波(UVA)・B波(UVB)

じりじりと太陽にあたったあとに起こる日焼けは、このうちのB波によって引き起こされるものです。
攻撃力が強いために火傷を負ったような状態になるので、肌が日焼けしてしまうのですね。ただ、パワーが強い一方でその力の影響は肌の表面にとどまります。

もうひとつのA波がやっかいなもので、攻撃力はB波に比べると強くはありませんが、肌の中(真皮層)にまでじわじわと入り込んできます。

これが、肌の細胞を攻撃してくるために老化を促進してしまう原因だと言われているんです。

では、これら紫外線から肌を守るにはどうしたら良いでしょうか?

紫外線をカットする方法、日焼け止めの見方

B波に関しては、日傘を使ったり直射日光に当たらないようにすることである程度日焼けを防ぐことができます。

しかし、A波は日傘を使っても、家の中にいてもじわじわと侵入してくるという非常にやっかいなもの。
晴れの日はもちろんですが、曇りの日であっても雲を通り抜けて地上へやってきてしまいますし、窓ガラスをも突き抜けてくるというものなんです。

「トラック運転手として片側だけに太陽光を浴び続けた人の画像」

1623_5

肌への侵入を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、A波

日焼け止めクリームなどによく表記されている「PA」に注目、「+」の数が多ければ多いほど効果的だと言われています。

そしてB波

「SPF」の数値が高ければ高いほど紫外線をカットしてくれるということになります。
※日本ではSPFの最大値は50

いずれにしても、汗をかいたり服などにこすれると取れて効果は落ちてしまうので、できるだけこまめに塗り直していくと良いでしょう。

紫外線対策は体の内側から改善できる
シミやソバカスって消せますか?

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング