頭皮にブツブツできものが!これって頭皮湿疹?

どういうわけだか、頭皮が痒い。
そしてそれを放置しておいたら我慢できない痒みとなり、やがては痛みを伴うようになってきた。
おかしいと思って頭皮を調べたら、ブツブツがたくさんできている・・・。

これは、典型的な頭皮湿疹の症状です。

ではなぜ、このような症状が現れてしまうのでしょうか?
頭皮湿疹は、皮膚炎に分類されており、できてしまう原因は数種類あると言われています。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、食品や医薬品、物質などに含まれるなんらかのセブンに対して過敏な反応を起こす皮膚炎の一種で、アレルゲン(アレルギーの原因となる成分)を特定し、適切な治療を行わない限り完治することはありません。

このアトピー性皮膚炎が頭皮にできた状態、これは頭皮湿疹として扱われますが、アトピー性皮膚炎と同様の治療が必要となります。

脂漏性(しろうせい)皮膚炎

私たちの身体の皮膚の表面には、常在菌という菌が存在しており、通常であれば皮膚を保護するバリア機能の役割を果たしています。

ところが、頭皮環境の悪化などが原因となり常在菌が異常繁殖した場合には、頭皮に強い刺激が与えられることになり、頭皮湿疹を引き起こすことがあります。

これを防ぐためには、きちんとシャンプーを行い、その後にドライヤーで完全に頭皮と頭髪を乾かすことが大切です。

また、汗が付着した頭皮を放置しておくと頭皮湿疹ができやすくなりますので、1日1回はシャンプーを行い、頭皮と頭髪を清潔な状態に保ちましょう。

接触性皮膚炎

パーマ液やカラーリング剤が頭皮に付着すると、頭皮に強い刺激を与えることになり頭皮湿疹を招くことがあります。

また、ヘアケア製品の中にもアレルギー反応を誘発しやすい化学物質が配合されていることがあります。

パーマ液、カラーリング剤、ヘアケア製品が頭皮湿疹の原因である疑いがある場合には、ひとまず皮膚科で診察を受け、治療を開始しましょう。

頭皮湿疹を自分で治すには?

清潔がいちばんです。そして、シャンプー後には頭皮と頭髪はきちんと乾かしましょう。

また、シャンプーをアミノ酸系のタイプに変えてみるというのもひとつの方法です。
さらに、頭皮湿疹の症状が改善されるまで、ぬる目のお湯だけで頭皮をすすぐ、湯シャンという方法を試してみるのもよいでしょう。

痒みや痛みが酷い場合には、皮膚科で治療を行うことが望ましいのですが、それが難しい状態なのであれば、薬剤師さんのいる薬局で相談してみましょう。

頭皮湿疹の治療薬は、外用薬のほかに、内服薬もあますので、気軽に相談してみて下さいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング