長年のシミを改善したい!フォトフェイシャルについて

年齢を重ねるごとに増えてくる肌トラブル。

特に、さまざまな原因が重なりあってできてしまったお肌のシミは、ちょっとやそっとのケアでは、なかなか改善することができないでしょう。

たとえば、セルフケアでシミの改善を行いたいのであれば、家庭用イオン導入器+ビタミンC誘導体配合の化粧水というお手入れ方法があり、この方法は比較的早い段階で効果を実感することができます。

イオン導入器で贅沢ホームケア始めよう!
ビタミンC誘導体ってどんな成分?

ところが、長年かけてできてしまったシミは、家庭用イオン導入器レベルではどうにもならないこともあります。

では、どうすればよいのでしょうか。
それでは、美容外科で行っているフォトフェイシャルでシミを改善する方法について、ご紹介することにしましょう。

フォトフェイシャルの原理って?

特殊な波長を持つ光を照射することにより、シミを改善することができる美顔法です。

この特殊な光のエネルギーはメラニン色素に吸収され、光のエネルギーを吸収したメラニン色素は体内で異物として代謝され、体外へ排出されて行きます。

さらに、コラーゲンなどの美容成分の生成を助ける繊維細胞に働きかけ、お肌のターンオーバー周期を安定させるという効果を期待することができます。

つまり、長年かけて作られたシミであっても、時間をかけて施術を受け続けることにより、徐々に改善されて行くということです。

フォトフェイシャルのメリット・デメリット

光による施術であるため、お肌への刺激が少ないという点がいちばんのメリットであるといえるでしょう。

また、お肌の皮脂分泌を行うことができるため、頑固なニキビやニキビ跡の改善を期待することができるというメリットも持っています。

[参考症例:新宿エステティック]

一方で、即効性がなく、1回の施術では効果を感じることができないというデメリットも持っています。

つまり、定期的に施術を受ける必要があるということであり、それに必要な期間は数ヶ月に及び、必要となる費用も馬鹿になりません。

1回当たりの費用は、医療機関によりばらつきがありますが、およそ1~3万円前後となっていることが多いようです。

フォトフェイシャルを受けられない!?

アートメイクを施している方、日焼けによるお肌全体の色素沈着が著しい方は、施術を受けることができません。

また、妊娠中の方の場合では、フォトフェイシャルが胎児に及ぼす影響がはっきりと解明されていないという理由から、施術を受けることができません。

また、内臓に疾患がある方も施術を受けることができない場合がありますので、事前に確認をしておくことをおススメします。

[ アンチエイジング ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング