ちょっとのコツで美肌になれるクレンジングのやり方

クレンジングはどんな商品を選ぶかよりも、使い方が大切です。

どんなに高機能で自分の肌にピッタリな商品を使っても、使い方が悪ければ効果を発揮させることはできません。

クレンジング商品をいくつも購入し続けるクレンジングジプシーに陥っていませんか?
ちょっとの手間とコツでクレンジングの効果を倍増できるテクニックをご紹介します。

新しいものを買う前に是非読んでみてくださいね。

奥が深いクレンジング

キチンと汚れを落とさなければ、化粧水や美容液の効果は発揮できません。
メイクや皮脂、ホコリや排気ガスなどの汚れはキレイ落としておきたいものです。

ですが、洗いすぎて肌に必要な皮脂を奪いすぎてはいけませんし、刺激を与えるのはNGです。
「洗わなければいけないのに洗いすぎてはいけないと」、クレンジングは難しいケアなのです。

クレンジングが足りなければ肌は老化していきますし、洗いすぎれば乾燥肌を招きます。
肌トラブルの原因はクレンジングにあるのかもしれません。

クレンジングをする前に大切なこと

クレンジングを行う前に、しておくべきことがあります。
それは手を洗うこと。

手に汚れが付着したままクレンジング剤を手に取れば、手の汚れを吸着してしまいます。

顔の汚れを取る前にクレンジング剤が効果を発揮し、肝心の顔に塗布する際には働きが弱まってしまうのです。

また、菌や汚れが付着した手で顔にクレンジング剤を広げれば、顔にダメージを与えることになります。

手の平や指はもちろん、爪の中まで丁寧に洗ってからクレンジング剤を手にとりましょう。
目に見えないバイ菌や汚れをつけたまま、クレンジングを始めないように注意してください。

クレンジングのコツ

 

そんなクレンジングは、クレンジング剤を温めて使うのが正解です。
手を充分に温めてからクレンジング剤をとり、手の熱で温めてから顔に塗布します。

またはサランラップにクレンジング剤をのせ、7秒ほど電子レンジで温めるのもおすすめです。
火傷に注意し、手に広げたクレンジング剤を顔に塗布しましょう。

素早く広げることができて肌への負担が少なくなりますし、毛穴も開き、汚れもとれやすくなります。

効果を上げるテクニックでありながらも、意外と簡単ですよね。
これなら明日からでも試せるのではないでしょうか?

正しいクレンジングができれば、肌も驚くほど変わります。
ぜひ、今までの方法を見直し、健やかな肌を育ててみましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング