脱毛クリーム・ワックスでのトラブル発生?

[更新]  /  [公開] 2015年4月27日

安価で脱毛が行えると聞いてワックス脱毛を行ったら、とんでもないトラブルが発生!

エステティックサロンで脱毛を行いたいけど、時間もお金ももったいない。
そう考える方の中で高い人気を誇っているのが、セルフでのワックス脱毛です。

一昔前の脱毛用ワックスの中には、お肌に悪影響を与える恐れのある化学薬品が多く含まれている製品もあったようですが、現在では、天然植物由来成分を主原料としている低刺激性の脱毛用ワックスも販売されるようになりました。

そして、そのような低刺激性の脱毛用ワックスは、人体への安全性が非常に高いといわれています。

では、その安全性が高いといわれている脱毛ワックスで、いったいどのようなトラブルが発生する可能性があるのでしょうか?

脱毛用ワックスで起こりがちなトラブルとは?

まず、脱毛後の毛穴が非常に無防備な状態となることにより、お肌のトラブルが発生する可能性があります。

ワックスによる脱毛は、ワックスをお肌に塗布したあと、一定時間の放置後にワックスとともに一気にムダ毛を引き抜くという方法です。

この方法で脱毛を行ったあとの毛穴はポッカリと開いた状態になり、脱毛直後に冷却・消毒という処理を行っておかないと、細菌などによる炎症が起こる可能性があります。

ワックス脱毛後には必ず冷却・消毒を行い、毛穴を守ることを心がけましょう。
そして、埋没毛の問題もありますね。

埋没毛とは、毛根から新しい体毛が生えてきたときに、表皮が硬くなっていて表面に出てくることができない状態を指します。

このようなことが起こる原因は、単純にお肌をいじめ過ぎていることにあります。
いじめられたお肌は、その部分の皮膚を厚くして、自らを守ろうとします。

ワックスがお肌や毛根に与える刺激は相当なものですので、ワックスで脱毛処理を行ったあとには、冷却・消毒後に加えて保湿を行い、お肌を保護しましょう。

あなたは痛みに強いですか?

脱毛を行う部位にもよりますが、ワックス脱毛は多かれ少なかれ痛みを伴います。


また、ワックスでの脱毛は定期的に行う必要があるため、痛みに耐えることができない方には向きません。

お手軽で安価。
この部分だけを見るのであれば、ワックスでの脱毛は本当に便利なのではないかと思います。

ですが、脱毛は1回で修了するというものではなく、医療機関での永久脱毛を行ったのでない限り、ほぼ永続的に続くものであると考えて間違いありません。

お手軽、安価、痛い。
メリットもあればデメリットもある、それがワックス脱毛であるということですね。

あなたが今、脱毛用ワックスの購入を考えているのであれば、トラブル発生のリスク、痛みのリスクもきちんと頭に入れて購入することをおススメします。

知っておきたい脱毛クリーム・ワックス

 

[ セルフ脱毛 ] 記事一覧

脱毛マニアがサロンやクリニックの口コミを徹底比較! おすすめランキングですぐにみつかる

総合 - アクセスランキング