妊娠中にできやすいシミ、原因とケア方法について

 

妊娠中の女性の心と身体には、さまざまな変化が現れやすくなります。

情緒不安定になったり、憂鬱な気分になったり。
そして身体には、急に体毛が濃くなる、シミができはじめるなどの変化が現れます。

情緒不安定や憂鬱な気分になってしまったときには、とりあえず寝てしまうことがいちばん。
現在、心に現れている変化は、妊娠がそうさせているものであって、心配する必要はありません。

また、お腹の周りが急に毛深くなることがありますが、これもまた、お腹の赤ちゃんを守る保温剤やクッション材として体毛が濃くなっているだけのお話ですので、気にする必要はありません。

問題は、妊娠中に現れるシミです。

妊娠中に現れるシミって?

 

妊娠中にできるシミの多くは、妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)と呼ばれる種類で、妊娠によるホルモンバランスの崩れが原因で起こるようになります。

肝斑という言葉を見聞きしたことのある方は多いのではないかと思いますが、これは30代の女性に多く現れるシミの一種で、適切なケアにより、薄くすることは可能です。

では、妊娠性肝斑ではどうなのでしょうか?

妊娠性肝斑は一過性のものであり、放置しておいて自然に消えてなくなったというケースもあるようですが、やはりケアを行うに越したことはありません。

できてしまった妊娠性肝斑は、見つけ次第、ケアを開始するとよいでしょう。

妊娠性肝斑のケア方法

基本中の基本は、メラニン色素の元であるメラノサイトを刺激することのないよう、紫外線対策を行っておくということです。

できてしまったものはしかたがないと思ってしまうのではなく、それ以上に悪化させないためにも、ぜひ紫外線対策は行って下さい。

さらに、ビタミンC誘導体またはビタミンCを高濃度で配合している化粧水でのおケアを続けてみましょう。
現在では、化粧品の美容成分を浸透させやすくするための家庭用イオン導入器などの美容器具が安価で販売されていますので、そのような美容器具を利用してケアを行ってもいいと思いますよ。

専門医へ相談してみる

ご自身でケアを行っても、なかなか改善することができない妊娠性肝斑もあります。
そのようなときには、ひとまず皮膚科や美容皮膚科などの専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

このような医療機関では、妊娠性肝斑に対応している内服薬の処方を行っていますし、食事の注意点や適切な化粧品のアドバイスも行っています。

エステティックサロンの美白コースという手もありますが、そのようなサロンでの施術は高額で、その上予約が思うように取れない場合もあります。

その点、皮膚科や美容皮膚科では健康保険が適用されますので、必要な費用も少なくてすみます。
ケアを行っても薄くなってくれない頑固な妊娠性肝斑ができてしまったら、専門医による診察と治療を受けることが、最もおススメできる方法であるといえるでしょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング