セラミドがあれば美肌になれる!肌にセラミドが必要な理由とは?

 

スキンケア化粧品を選ぶ際、どんなことに注意していますか?
宣伝文句だったり、パッケージの可愛らしさ、値段で選ぶ方は多いでしょう。

ですが、スキンケア化粧品を選ぶ際、最も重視しなくてはいけないのが解決したい肌悩みと必要な成分です。

そして、乾燥や肌荒れ、敏感肌、毛穴の目立ちなど様々な肌悩みに効果が期待できるのがセラミドです。

セラミドは肌のバリア機能を保つのに重要な成分!

 

セラミドは保湿成分の一つとしてよく知られていますが、それは肌のバリア機能に大きく関係しているから。

肌は何層かに分かれているのですが、最も表面にあるのが角質層です。

角質層はおよそ0.02㎜という大変薄い層ですが、保湿と外的な刺激から肌を保護するバリア機能という役割を担っています。

角質層を正常な状態に保つことで美しい肌を保つことが出来ると言えるでしょう。
そしてこの角質層に存在しているのがセラミドです。

細胞間脂質の半分はセラミドで出来ている!

 

角質層を形成するのはもちろん細胞ですが、その細胞の間を「細胞間脂質」が埋め尽くすことで肌にバリアを作ります。

細胞間脂質が不足するとバリア機能が弱まり、肌の水分が蒸発したり、汚れや最近が肌へと侵入するなど様々な肌トラブルを引き起こします。

そして細胞間脂質の50%を締める成分が「セラミド」なのです。

セラミドはターンオーバーによって生成される!

 

肌細胞が約28日間かけて生まれ変わることをターンオーバーと言いますが、その流れの中で自然とセラミドは生成されます。

不規則な生活習慣や加齢によってターンオーバーが乱れていくと、セラミドの生成量が少なくなってしまうので肌トラブルを起こします。

肌のゴールデンタイムと言われる22:00~2:00の間に睡眠することは大変重要なことです。

セラミドは化粧品でも補える!?

 1282_4

世間には様々な美容成分、保湿成分を含んだ化粧品が出回っていますよね。

しかし、ただ「肌に塗るだけではその有効成分を肌の奥まで浸透させることは難しい」という考えを聞いたことはありませんか?

例えば肌の弾力や保湿の美容成分としてコラーゲンが有名ですが、人の肌にあるコラーゲンは真皮層のもので、化粧品を使うことでそこまで到達することは難しいです。
(コラーゲン自体には水分を抱え込む性質があるので、保湿としての役割は果たせます)

ですが、セラミドは最も肌表面である角質層で働く成分ですので化粧品から補うことが可能だと考えられています。

生活習慣や化粧品によって、お肌のセラミドを充分に補うことは美肌になるために大変重要なことです。

肌の悩みがたくさんあって、何から手をつけてよいかわからないという方は特に、まずはセラミド配合の化粧品に注目してみてくださいね!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング