化粧品に含まれる界面活性剤は肌に毒なのか?界面活性剤4つの働き!

界面活性剤に対しては何となく「お肌に良くないもの」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、界面活性剤は化粧品にとって必要不可欠なものと言っても過言ではありません。
界面活性剤はどんな働きをしているのでしょう、そして本当に肌に悪い成分なのでしょうか?

界面活性剤って何!?

“界面”というのは、2つの物質の境目のことを言います。
例えば、水と油を同じ容器に入れると混ざらずに分離しますよね、この水と油の境目が界面です。

界面活性剤は、それぞれ別の物質・成分を馴染ませる働きをします。
この性質を利用して、汚れを落としたり美容成分を混ぜ合わせたりするのに使われています。

界面活性剤の働き

界面活性剤は様々な種類、働きを持っていて、日常生活で使う色々なものに使われています。
界面活性剤の働きは大きく4つの働きに分けることができます。

洗浄

汚れにくっついて洗い流す働きがあります、洗顔料やクレンジングに使われます。
界面活性剤の洗浄力が、元々肌にある必要な成分を奪ったり、バリア機能に影響すると言われることがあります。

起泡

泡が立ちやすくなるという性質があります、食器用洗剤や洗顔料に使われます。
反対に、泡立ちにくくする性質を持つ界面活性剤もあります。

乳化

油と水を混ぜ合わせる働きがあります。
化粧水や乳液に様々な美容成分を配合するために
洗浄の作用が欲しいときにも、乳化の働きを利用しています。

浸透

浸透性が高いので、化粧品に配合することで肌の奥まで美容成分を届けることができます。
この働きがかえって肌へのダメージになる、という意見もあります。

合成よりも天然の界面活性剤が良い!?

界面活性剤を大きく分けると、自然界にある天然のものと、人の手によって作られた合成のものに分けられます。

天然のもので代表的なものが“レシチン”で、卵黄や大豆に含まれています。油分を多く含むマヨネーズが分離しないまま保たれているのは、レシチンの働きによります。

合成の界面活性剤の内、石油系のものが安く大量に作りやすいのでよく使われていますが、危険性もあると言われることがあります。

しかし、実際には天然のものが必ずしも肌に良いと言いきれるかはわかりません。

合成されたものの方が人の肌に合わせた仕様で作られているので、機能性・安全性が高いことも有り得るからです。

“界面活性剤”という名前だけで避けるべきではない!

界面活性剤自体が悪い!と思われているとしたら、それはちょっと違うようです。

先に挙げたように、メイクをきちんと落とすため、様々な成分を配合するために必要な成分です。
界面活性剤が使われていないなら、その代わりに同じような作用をする別の成分が使われているはずです。

化粧品メーカーがあえて肌に悪い商品を作って売り出しているとは思えません。
もちろん肌に合う合わないの個人差はありますが、正しい使用方法をすれば特に肌への悪影響はないという意見もあります。

界面活性剤を避けたいと言うなら、メイクをやめて、クレンジングやスキンケアが必要ない生活に切り替えるのが最も肌には優しいでしょう。

界面活性剤の可否、使うなら天然が良いか合成が良いかは、利用する個人の判断に任せるしかないというのが正直なところでしょう。

単純に何が良い悪いという宣伝文句に流されることなく、自分の好みや考えに基づいてメイクやスキンケアを楽しむのが良いのではないでしょうか。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング